スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

同性愛と少子化

さて更新が進んでいなかったのは、気が進まなかった(←何という我侭…)のと、ネタが浮ばなかったのが大きい。
表題の…「同性愛と少子化」…なんだけどさ…プロフィールにもチラッと書いたように、俺の性的嗜好のパイの大半は、女同士の同性愛への偏愛で占められている。それは「レズビアン」なわけである。略してレズ、びあん、サフィズムとか、百合とか、ガールズラブとか様々に云われるが、レズというのが最近では嫌われる傾向が出ているらしい…言い方が古めかしいからか?…まぁそれは置いておくとして、少子化と絡めて云うと、同性愛の場合は、障害の伴侶を同性としちゃった場合は…自然繁殖は出来ないわけだ。これって少子化の激しい日本にとっては、困った事態なのかなと思うわけだ。
少子化でも、倫理問題を度外視すれば人工子宮などの技術開発を進めて、人工的に子供を繁殖させてしまうのもアリかな?…とも思うわけだ。さすがにこのようなSFの冗談地味た極端な話はマスコミには登場しないけれど、ガンダモシードの世界じゃないけれど、将来的に少子化がより激化して、倫理問題などと悠長なことを言っていられなくなったら、この国家が人間の繁殖を管理するようになるのかもしれない。そうなれば同性愛どころか、子供を生む必要さえ無くなってしまう。そこにあるのは、何だろうね?…。
スポンサーサイト
  1. 2006/07/25(火) 23:02:01|
  2. エロ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。