スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

62回目の終戦記念日を迎えて

 毎年、この時期恒例の終戦記念日です。この日を迎えないと、オイラの季節感は夏から秋モードに切り替わらないんです。無論、終戦記念日以外にも、送り盆って暦の区切りもありますが、ここは軍事関連のネタが多いので、終戦記念日を取り上げます。
 今年は62回目の区切りの日ということで、日本は62年間国家として、他国と直接戦火を合間見えること無く月日を過ごしてきたということですね。その事実は大変すごいことなんでしょうが、平和が当たり前の昨今では、何の感慨も無いんです…オイラも平和ボケの典型なんですが、やっぱり平和のありがたみを知らないってことは、考えてみりゃ戦争を経験した世代や、戦争で亡くなられた方々には非常に失礼なことなんですね。しかも軍事モノが趣味のオイラには信じられないんですが、若い世代にゃ戦争があったという事実すら知らない奴が居るなんて…先の日本人たちに非礼も良いところでしょう。 そんな彼らの残された子孫であるわれわれは、戦争のことを学び、それを現代の教訓として、先人の彼らに思いを馳せることが肝要だと思うんですがね。
 先祖供養としては、当たり前のことなんですけど、オイラを含めて昨今の日本人は、そのことを忘れちまったのかなぁと思います。経済や物理的、時間、精神的にしろ、諸の面で余裕が無くなってるってことを加味しても、先祖からの脈絡を忘れるって事は、自分たちの寄って立つアイデンティティを見失うって事になる気がするんですがね…些か情緒的ですが。
 昨今は世の中、殺伐としてるなんていいますが、オイラも生来堪え性の無い性格であることを加味しても、キレる場面が多いですね。悲惨な戦争を知らない世代が増えて、世の中殺伐としてくるのは、平和ボケの極致であるとも言えます。願わくば、世の中みんなが少しでも優しくなれるように、何でも余裕が出来ると良いんですが、そういう環境を創るにはどうしたら良いんでしょうか?…頭の悪いオイラには、なんともね…簡単に思い付きませんね。
 私事ですが、オイラの母ちゃんが、甲状腺のがんに侵されてまして、症状は比較的軽いという話なんですが、正直そっちの方で頭がいっぱいでして、あんまり脳細胞のリソースがこっちの方に回ってません。そもそもブログを久々にやってるのも、その母親の病魔の不安から逃避するためだったりしてるわけでして…動機がネガティブなものなんですから、プラスのアイデアなど浮かぶわけも無いですかね。

スポンサーサイト
  1. 2007/08/16(木) 00:25:01|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。