スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

NHKスペシャル…グーグル革命の衝撃…

前から宣伝していたNHKスペシャル/グーグル革命の衝撃というドキュメンタリーを観ましたが…見る以前に抱いていた期待に反して、内容的にはあんまりピンと来ませんでした。まぁ面白くなかったわけじゃないですが、中でもグーグルアースのプログラムを開発したと言うアジア系の博士号を持つ技術者が印象に残っていますが、やっぱり最近のグーグルサービスの中では、個人的にはこのグーグルアースのサービスに一番嵌っているからですね。それ以外はネットの検索条項に踊らされる企業やら。それに巣食う個人。ネット検索から削除された企業がグーグルを相手取って裁判を起す事件等など…これらはどうでも良いんですが、一つ言えるのは、テレビ局が視聴率の数字を気にするように、グーグルとその関連企業が検索ヒットの数字が第一であり、検索ランク上位至上主義に陥っているということでしょう。それを形の上で手っ取り早く実行する手段の一つとして、検索するにも間違ったキーワードを入力してもヒットするように、ホームページ上に正しいキーワードに準じた間違いワードを適当にちりばめたページがネット上のそこかしこに開設されて、検索ランクの正しい集計を妨げているのだとか…誰でも思いつきそうな手ですが…現状ではホームページの内容の善し悪しではなく、ページのアクセス件数くらいしか有効な指標を持たないからこんな古典的な手法がまかり通るようなんですけど…個人的には、自分の趣味の領域でのコアな情報が文字ではなく、イメージとして知りたいんですが、今の現状のイメージ検索もキーワードから画像情報を得るというスタイルですから…写真やイメージをその場で取り込んで、それから簡単に検索をかけられるようになる技術が登場するのはまだ先なのでしょうかね。それにホームページも今は基本的にテキストスタイルですが、ゲームのようにバーチャル3D空間をさ迷うようなネット検索も出来るようになるのも…当分、先のことでしょうか。そうなると夢も膨らむんですけれど…まぁこの放送でネット社会と企業の現状確認はさせてもらえたと思います。あんまり進歩してねぇなと…。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/21(日) 22:22:22|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。