スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

KC-767Jが初飛行したそうです…

航空自衛隊向けのKC-767Jが2006年12月21日に初飛行したそうです。
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200701181407←テクノバーンでのKC-767J記事。
航空自衛隊向けのKC-767J空中給油機
←航空自衛隊向けのKC-767J
航空自衛隊では4機導入する契約で、愛知県にある小牧基地の第404輸送航空隊に集中配備されるそうですが、当局は4機では数が少ないと考えているらしく、追加して8機程度を揃えたいそうですが…予算の関係でどうなることやら。航空自衛隊の将来計画には、F-XやらC-Xやらの航空機だけでなく、ミサイル防衛関連(パトリオットPAC3やレーダー関連の整備)で金食い虫があるだけに、数が揃えられない可能性が五万とあります。隣の韓国や中国が導入を進める新世代兵器は、性能もさることながら数も日本以上に揃えていますから、それを考え合わせると些か心許ないですね。
KC-767Jはフライングブーム方式(尾部から伸びた供給用ブームを受け手の受油口に差し込んで燃料を送る。フライングブームの操作は空中給油機側のコンソールからオペレーターが行うのでパイロットの負担は軽い。)のみなので、一度に給油出来る機体は1機のみですが、先にイタリア空軍向けに採用されたKC-767Aはフライングブームに加えて、左右の両翼に備えていたドローグ式の給油ポッド(こちらから燃料ホースを伸ばして行うもの。燃料を受け取る側には、ストローのような受油プローブが付いていて、それを差し込むが、パイロットが常に機体姿勢の維持に気を配る。給油機側のオペレーターの負担が無いなどが利点。)があるので3機同時に行えます。まぁKC-767Jを改造するのはそう難しいことではないでしょうが、ちなみに航空自衛隊ではドローグタイプの空中給油システムを既存のプロペラ輸送機のC-130を改造して施し、UH-60Jに受油プローブを追加する計画を持っています。このシステムでは低速の機体に対しても空中給油が実施できる柔軟性があります。
さてKC-767は既に採用されているE-767早期警戒管制機(AWACS)
↓下の写真はE-767AWACS。
航空自衛隊E-767AWACS

とベースが同じなので、整備やらの都合を考えれば、同じ機体を採用するのは常道でしょう。ちなみにC-XのエンジンもKC-767やE-767と同じ系列のエンジンを採用しています。これも運用コスト削減の表われですが、一つのエンジンが何かの故障で飛行禁止になってしまうと、それに連鎖してしまう危険性がありますが、今はそのリスクヘッジより、ランニングコストの削減が優先される世の中であるようです。ちなみにE-767はその後、日本以外に採用している国は無い状態です。メーカーであるボーイングは、その代わりに一回り小型のボーイング737をベースにした737AEW&Cを開発。
↓の写真はオーストラリア空軍向けの737AEW&C
豪州空軍向け737AEW&C

トルコ/オーストラリア/韓国が採用を決定しています。能力的にはE-767AWACSとどの程度差があるのかはよく判りませんが、個人的にはこの737AEW&Cの方がE-767AWACSより洗練されているような気がします。E-767AWACSはE-3セントリー早期警戒管制機
↓下の写真が米空軍のE-3セントリー早期警戒管制機
E-3セントリー

の機材をそのままボーイング767の機体に移植したものですから、余り面白味のあるデザインではございません。そもそも航空自衛隊は、E-767AWACS導入当時、E-3セントリーのエアフレームであるボーイング707の生産ラインが閉じられてしまったのでボーイング767改良型であるE-767AWACSを購入したのですが、ボーイングでは、767の後継機として787を開発中なので、ボーイングとしては既存の767の生産ラインは、米空軍の空中給油機でKC-767が採用されなければ、生産ラインが2010年を待たずに閉鎖されるとかされないとか。KC-767Jを日本も追加購入するなら早めに決めなければいけません。ただその資金源を何処に求めるかと言う問題や、穴埋めとしてC-Xを改造する…機体規模が小さいことが問題…案等がありそうですが、国産輸送機を空中給油機に改造する開発コストなどを考えれば、既製品を買った方が安上がりかもしれませんけど…やっぱりお金が無い…という一言に悩みは尽きますですねぇ。日本の軍隊は志願制のせいか、人件費に軒並みコスト…予算の約半分…が掛かっていますから、それを削って装備品に廻した方が良いと思うのですが…その手っ取り早い手段は、やっぱり徴兵制の復活かなぁ?…どうせ若い人は少なくなる一方なんだし。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/20(土) 21:21:21|
  2. ミリタリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。