スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自分、こんなサイトが好きです…その1

新年の元旦からから変態属性をぶちかましてしまいました私め…いやはや…お恥ずかしい限り(^_^;)…って誰もこんなブログ見ちゃ居ねぇかな?。ネットの片隅でこう細々と自己満足をしております今日この頃…変態ヲタ返上の名誉挽回じゃありませんが、自分が日々チェックしているサイトはエロだけじゃないんだよという感じの真面目なリンクをUpしてみようかなと思ってみたり。その第一弾はサイエンス・テクノロジー関連でございます。
http://www.technobahn.com/ 
↑テクノバーンのサイトリンク。
このサイトのメインは、あくまで企業情報と株価のようですけれど、企業活動はモノを売って何ぼ。そのモノを作るのはテクノロジーと無縁じゃないから、その新しい次世代の売り物になりそうなネタをこのサイトで見つけよう…とは、些かこじ付けっぽいけれど、自分なりに紹介するとしたらこんなところ。ただこの手のサイトは、理科離れが言われる昨今、どうも休止したりするところが相次いでいるのが寂しい限り。日本国民よ、科学に目覚めろォ!!とは言いませんけど、もう少し科学的な好奇心を持ちましょう。っていうか、今の若い人間は、俺もそうだけど、興味の無いことには全然興味を示さないし、逆に何に興味を持てばいいのか判らないという人間も増えている…これで社会的な活性が衰えない方が可笑しいと思う昨今。かなり脱線してしまったが、そんで幾つか気になった記事をピックアップして見ましょ。
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200612140139↓下の写真のネタ記事へのリンク。
重装甲車

これは地雷・爆発物への耐久性を追及して開発されたデザインだそうで。車体とキャビンはカプセル化されて、別個のものだそうで。見るからに軍用車でも超高級車っぽいのだが、デザインだけ見るとアポロの月着陸船にも通じると思えるのは自分だけだろうか?…なんか、車体の真下で爆弾が爆発すると同時に、その爆風に乗ってキャビンが真上に上昇するという光景が思わず目に浮んでしまったっす。
そんでその次…
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200610051941↓下の写真のネタ元リンク。
円形カタパルトの想像図
カタパルト用ロケット

地上から軌道上に物資を打ち上げる加速器の想像図。まぁガンダムなどの世界では月面に設置されるマスドライバーシステムとして、ちらっと出てきたりする。この手としては比較的ポピュラーなもの。写真の中では射出されたコンテナが炎に包まれていますが、大気との摩擦熱か、ロケットの炎かは今一判然としません。記事の中には山手線がどーのこーのとあったので、建設にはただ広い敷地面積が必要なようです。ですから土地の有効活用が今ひとつな北海道に是非とも誘致を…と思ってみたり。この記事は技術開発で、建設計画があるわけじゃないけれど、北海道新幹線に千億から兆の単位の予算をかけるなら、こういう夢のあるものに投資してみるのはどうよ?…と思ったりする。旨い具合にこの加速器の根幹技術になりそうなものとして、日本にはリニアモーター技術の蓄積が数十年とあるわけだし。昔の未来予想では、今頃は在来式の新幹線は、リニアモーターカーにとっくに更新されているはずだったのに…ここでその技術を宇宙開発に転換して起死回生を!!、とは行かないもんかねぇ。ちなみに小さい写真は、貨物を載せる打ち上げ用コンテナで、軌道修正とブースターを兼ねたロケットを内蔵しているそう。北海道のような高緯度地方から打ち上げるには、パワー不足をブースターなどで補ってやる必要が出てくるから、コンセプトとしては使えるように思える。ちなみに同じ電磁カタパルト技術でも、このような絵空事に近い分野と、実用化を念頭に置いた技術開発があり、後者は空母のカタパルト用にアメリカが本腰を入れて研究開発しているのでありますが、カタパルトくらいなら日本でも作れそうな気がします。それをアメリカに売るということは…以下略。
そんで次はオスプレイの話。
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200611201404
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200612262014↓下はV-22の写真。
V-22の着艦スィーン。

回転翼と固定翼の合いの子であるチルトローター機。次世代の輸送ヘリコプターとして期待されながらも、1980年代に開発が開始されて以来、開発も佳境に差し掛かった時期に大事故で遅延して以来、俺の中ではとうに死に絶えていたと思っていたプロジェクトです。というか単に俺の興味が失せていただけなんですが…その機体も四苦八苦しながら、何とか実戦配備が着々と進んでいるらしく、今年辺りに初期作戦能力(IOC)を獲得するとかしないとか。日本にもメーカーが売り込みに来ているようなので、将来的には空海の救難機とか、哨戒機のベース機体になるじゃないでしょうか。ちなみに海上自衛隊はUS-1A救難飛行艇の後継機としてオスプレイの採用を検討してたのですが、米国での開発がゴタゴタ続きだったので、US-1Aの改良型であるUS-2開発を決意したのは有名な話。某サイボーグアニメ・攻殻機動隊の主力機としてもチルトローターが出てきますが、警察に採用されることは…あるでしょうかねぇ?…せいぜい海上保安庁あたりでしょうか。もちろん予算が許せばですが。
またまたその次の記事。
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200612110606&ts=efe5f435d35f45e93b6fae36d985f66c868caee2↓下は偵察用UAVの写真。
偵察用無人UAVプロトタイプ

これって米国製ですかね。簡単に言うと、ドーナツの中に二重反転ファンを組み込んだものとお見受けしますが、10年ほど前にドーナツ型のサイファーというのが登場していたのだが、旨い具合にダウンサイズしたものです。この手のUAVも米陸軍の次世代計画FCSに組み込まれていると思うのですが、日本の技術研究本部(TRDI)のサイトにも、数年後には似たようなアイテムをアップしているんでしょうなぁ…。
それから次の記事。
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200612181852&ts=b19a4f63fa7251480917b6682e36582e0c5f3a7c↓下の写真のボールのネタ記事。
3次元バーチャルマシン用のボール。

米海軍が兵士の訓練用に使いたいと言うバーチャルマシンだそうです。球体の中に入った人間が、HMDを被ってバーチャル世界を歩いたり、走ったり出来るそうです。この球体はメッシュ製のパネルを組み立て、ローラーの付いた架台に載せることで360度どの方向でも移動する感覚を再現しているそうで…ハムスターのような小動物が運動不足解消に使うホイールの人間版のような気がします。ただしこのバーチャルマシンも、飛んだり、掴まって上ったり、腹ばいになったり…といったことは出来そうに無いので、まだ改良して洗練する余地はありそうだ。それに他のシミュレーターと違って高価なシステムでは無さそうなので、普及すれば広範囲に普及しそうだが…
スポンサーサイト
  1. 2007/01/04(木) 15:30:00|
  2. サイエンス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。