スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

軍事研究2006年8月号を買ってみますた…

今日は軍事研究の発売日です。北海道は、内地の2日遅れなので、毎月10日発売の軍事研究は、今日入荷ですた。別にどうでも良いんですけど…そんで読んだ感想…ぱっと見では、米製EFV(遠征戦闘車)の特集に萌え…無人宝塔を装備した独製プーマにも心が移ってしまい…といったところ。私的には装甲車特集みたいなもんだと思う…巻末で次期汎用護衛艦(DD19)のレーダーシステムに絡んで、昨今の艦載レーダーの特集が組まれていたが、某・世界の感染の記事との微妙なスタンスのずれに突っ込みを入れる。この手合いの評論家の話には、まぁ参考程度に聞き流すのが一番。評論家ってのは、どの業界もそうだけど、ただ批評するだけだから、預言者じゃないわけだし…けどいい加減な物書くなよなとも思う。軍事研究にせよ、雑誌メディアってのは、狼少年な記事が多い。しかも軍事研究は、ほかの専門誌に比べて軍事全般を扱うせいなのか、発売日は一番遅いくせに、素人である俺から見ても、とんちんかんなこと言っていると思う記事によく出くわす。そもそも19DDなんてもう来年の予算要求の俎上に上るんだから、スペックなんて出て当然なんではないの?…まだマスコミには、防衛庁サイドからの正式なリークはないかもしれないけど、軍事雑誌ならそれくらい防衛庁関係者から、こっそり教えてもらえそうな情報源を持っていろ!!、とも思ってしまう。後のネタは時間があったら読もうと思って飛ばす。かく云う俺だけど、軍事研究は毎月欠かさず中学の時から買ってんだよね。俺が定期購読しないと、近くの本屋じゃ配本が無くなるという切迫している状況なので、仕方なく俺が立ち読みするであろう顔も知らぬ俺と同じマニアどもと、書店の売り上げにささやかに貢献しているわけである…豪そうに云うとこんな感じ。
スポンサーサイト
  1. 2006/07/12(水) 23:52:44|
  2. ミリタリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。