スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

テスト

20070124143727
テスト
スポンサーサイト
  1. 2007/01/24(水) 14:41:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お前…○○だろう?…世の中って何だか似てる奴が多いぞ?…

世の中、似たような顔の連中は3人は、最低は存在して居るといいますが…この根拠は良く判りません…ふと暇つぶしにテレビを見ていました…今年の大河ドラマにちょこっとだけ出ていた"寺内進"という俳優が何かのコーナーで取り上げられていたんですが…それを見た瞬間に、お前、"デビッド伊東"だろうと思わず突っ込んでいました。ちなみにデビッド伊東とは、ヒロミやMrチンなどとともにB21スペシャルとかいうコントグループを結成していたはずですが…何しろ80年代後半から90年代初頭のことなのでこの頃、メディアに露出しているのか、いないのか知りませんが…同一人物のビフォー・アフターのような気がします。いや、別人なんですけどね…兄弟や親類と名乗ったら、第三者は血縁だろうと思うほど似てると思います。彼らほど似ているわけじゃありませんが、思いつくだけでも…例えば、今井雅之と糸井重里とか…これは風貌が近いというだけですけれど…他にも明石家さんまとロンブーのアツシとか、ナイナイの岡村隆と海猿に出て溺れて死んだり、TV版の電車男に主演した俳優とか…似た系統の顔立ちの奴らが芸能人には大量増殖していますね。ホントにこのままで良いのかよ、芸能界はと思ってしまいます…
これに似た現象は、女優にも言えたりするんですが…例えば杉本彩と米倉涼子とか…これは顔立ちが似た系統…この2人が姉妹役で、どろどろした愛憎劇を仕組んだら面白いと思う…のようなものや、女優の場合は、女優だけじゃなく、似たようなAV嬢がデビューしたりします。古くは広末涼子に似せた広末何とか言うのも居たし…近年では浜崎あゆみのそっくりさんで今野由愛というのも至り。まぁ、今は芸能界よりAV嬢の方が質が高いし、大胆不敵になってますから。芸能界の方が大人しいくらいですかね。AV嬢の競争激化と、その単体寿命のサイクルは…大体、2~4年くらいのもんじゃないですかね。最近はグラビア崩れの方たちが大勢、AVデビューするのは日常的なもんですから、より競争率の激化と使い捨て率の割合は半端じゃないですね。さて話は脱線しましたが、逆に男と女が瓜二つと言うパターンもあります。例えばウッチャンナンチャンの南原清隆がシンガーソングライターの広瀬香美にそっくりだとか、この手の事象は洋の東西を問わず、ハリウッド女優のキャメロン・ディアスとロードオブザリングで出てきたアランゴルン王役のなんたらモーテンセン…とかにも見られる現象です。ホントに似た奴らが増殖しています。というか、これは俺の頭の中で似た奴らしか記憶に残らないような神経ネットのパターンになってしまったからかもしれません。だってこの頃は新しい人の顔を中々覚えられないんですよね…前に会ったのに…あの人は誰?というパターンが多いのです。老化というか、記憶力の低下と言うか、その両方と言うべきか…脳ドックを受診した方が良いのかも…私の頭の脳内神経系統樹は、新しい人間ではなく、似たような連中を覚えることだけに特化しているようです。少ない記憶容量を有効活用するということでしょうね…と自己診断してみたりしました。
  1. 2007/01/24(水) 12:12:12|
  2. | コメント:0

NHKスペシャル…グーグル革命の衝撃…

前から宣伝していたNHKスペシャル/グーグル革命の衝撃というドキュメンタリーを観ましたが…見る以前に抱いていた期待に反して、内容的にはあんまりピンと来ませんでした。まぁ面白くなかったわけじゃないですが、中でもグーグルアースのプログラムを開発したと言うアジア系の博士号を持つ技術者が印象に残っていますが、やっぱり最近のグーグルサービスの中では、個人的にはこのグーグルアースのサービスに一番嵌っているからですね。それ以外はネットの検索条項に踊らされる企業やら。それに巣食う個人。ネット検索から削除された企業がグーグルを相手取って裁判を起す事件等など…これらはどうでも良いんですが、一つ言えるのは、テレビ局が視聴率の数字を気にするように、グーグルとその関連企業が検索ヒットの数字が第一であり、検索ランク上位至上主義に陥っているということでしょう。それを形の上で手っ取り早く実行する手段の一つとして、検索するにも間違ったキーワードを入力してもヒットするように、ホームページ上に正しいキーワードに準じた間違いワードを適当にちりばめたページがネット上のそこかしこに開設されて、検索ランクの正しい集計を妨げているのだとか…誰でも思いつきそうな手ですが…現状ではホームページの内容の善し悪しではなく、ページのアクセス件数くらいしか有効な指標を持たないからこんな古典的な手法がまかり通るようなんですけど…個人的には、自分の趣味の領域でのコアな情報が文字ではなく、イメージとして知りたいんですが、今の現状のイメージ検索もキーワードから画像情報を得るというスタイルですから…写真やイメージをその場で取り込んで、それから簡単に検索をかけられるようになる技術が登場するのはまだ先なのでしょうかね。それにホームページも今は基本的にテキストスタイルですが、ゲームのようにバーチャル3D空間をさ迷うようなネット検索も出来るようになるのも…当分、先のことでしょうか。そうなると夢も膨らむんですけれど…まぁこの放送でネット社会と企業の現状確認はさせてもらえたと思います。あんまり進歩してねぇなと…。
  1. 2007/01/21(日) 22:22:22|

KC-767Jが初飛行したそうです…

航空自衛隊向けのKC-767Jが2006年12月21日に初飛行したそうです。
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200701181407←テクノバーンでのKC-767J記事。
航空自衛隊向けのKC-767J空中給油機
←航空自衛隊向けのKC-767J
航空自衛隊では4機導入する契約で、愛知県にある小牧基地の第404輸送航空隊に集中配備されるそうですが、当局は4機では数が少ないと考えているらしく、追加して8機程度を揃えたいそうですが…予算の関係でどうなることやら。航空自衛隊の将来計画には、F-XやらC-Xやらの航空機だけでなく、ミサイル防衛関連(パトリオットPAC3やレーダー関連の整備)で金食い虫があるだけに、数が揃えられない可能性が五万とあります。隣の韓国や中国が導入を進める新世代兵器は、性能もさることながら数も日本以上に揃えていますから、それを考え合わせると些か心許ないですね。
KC-767Jはフライングブーム方式(尾部から伸びた供給用ブームを受け手の受油口に差し込んで燃料を送る。フライングブームの操作は空中給油機側のコンソールからオペレーターが行うのでパイロットの負担は軽い。)のみなので、一度に給油出来る機体は1機のみですが、先にイタリア空軍向けに採用されたKC-767Aはフライングブームに加えて、左右の両翼に備えていたドローグ式の給油ポッド(こちらから燃料ホースを伸ばして行うもの。燃料を受け取る側には、ストローのような受油プローブが付いていて、それを差し込むが、パイロットが常に機体姿勢の維持に気を配る。給油機側のオペレーターの負担が無いなどが利点。)があるので3機同時に行えます。まぁKC-767Jを改造するのはそう難しいことではないでしょうが、ちなみに航空自衛隊ではドローグタイプの空中給油システムを既存のプロペラ輸送機のC-130を改造して施し、UH-60Jに受油プローブを追加する計画を持っています。このシステムでは低速の機体に対しても空中給油が実施できる柔軟性があります。
さてKC-767は既に採用されているE-767早期警戒管制機(AWACS)
↓下の写真はE-767AWACS。
航空自衛隊E-767AWACS

とベースが同じなので、整備やらの都合を考えれば、同じ機体を採用するのは常道でしょう。ちなみにC-XのエンジンもKC-767やE-767と同じ系列のエンジンを採用しています。これも運用コスト削減の表われですが、一つのエンジンが何かの故障で飛行禁止になってしまうと、それに連鎖してしまう危険性がありますが、今はそのリスクヘッジより、ランニングコストの削減が優先される世の中であるようです。ちなみにE-767はその後、日本以外に採用している国は無い状態です。メーカーであるボーイングは、その代わりに一回り小型のボーイング737をベースにした737AEW&Cを開発。
↓の写真はオーストラリア空軍向けの737AEW&C
豪州空軍向け737AEW&C

トルコ/オーストラリア/韓国が採用を決定しています。能力的にはE-767AWACSとどの程度差があるのかはよく判りませんが、個人的にはこの737AEW&Cの方がE-767AWACSより洗練されているような気がします。E-767AWACSはE-3セントリー早期警戒管制機
↓下の写真が米空軍のE-3セントリー早期警戒管制機
E-3セントリー

の機材をそのままボーイング767の機体に移植したものですから、余り面白味のあるデザインではございません。そもそも航空自衛隊は、E-767AWACS導入当時、E-3セントリーのエアフレームであるボーイング707の生産ラインが閉じられてしまったのでボーイング767改良型であるE-767AWACSを購入したのですが、ボーイングでは、767の後継機として787を開発中なので、ボーイングとしては既存の767の生産ラインは、米空軍の空中給油機でKC-767が採用されなければ、生産ラインが2010年を待たずに閉鎖されるとかされないとか。KC-767Jを日本も追加購入するなら早めに決めなければいけません。ただその資金源を何処に求めるかと言う問題や、穴埋めとしてC-Xを改造する…機体規模が小さいことが問題…案等がありそうですが、国産輸送機を空中給油機に改造する開発コストなどを考えれば、既製品を買った方が安上がりかもしれませんけど…やっぱりお金が無い…という一言に悩みは尽きますですねぇ。日本の軍隊は志願制のせいか、人件費に軒並みコスト…予算の約半分…が掛かっていますから、それを削って装備品に廻した方が良いと思うのですが…その手っ取り早い手段は、やっぱり徴兵制の復活かなぁ?…どうせ若い人は少なくなる一方なんだし。
  1. 2007/01/20(土) 21:21:21|
  2. ミリタリー

中国がASAT(対衛星攻撃)試験を実施したとさ…

2007/1/17日版のAviation week&space technologyによると…http://www.aviationnow.com/avnow/news/channel_awst_story.jsp?id=news/CHI01177.xml←アビエーションウィークの元記事。
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200701191525←テクノバーンの関連記事。
中国が弾道ミサイルを使用した衛星攻撃試験を行ったそうです。高度約850kmの軌道にある旧式の気象衛星目掛けて弾道ミサイルに備えたKE(キネティックエナジー)弾頭を衝突させたそうです。KE弾頭とは日本の技本が2006年12月にテストの模様を発表したものと同様のもんです。
http://duskman.blog59.fc2.com/blog-entry-15.html←つくづく手前味噌でアレですけど、このブログでのKE弾頭試験の紹介。
これは明らかに日米が共同開発するミサイル防衛(MD)計画に対する中国側の対抗実験といえるんですが…日米配備するMDシステムの仮想敵に関して言うと、何時崩壊するとも言えぬ北朝鮮より、中国に関する動向にどうしても注意が集中するわけで…宇宙空間に無駄なゴミをばら撒くなよと思ったりするわけです。今の世界にはプラネテスのようなデブリ回収業は無いんですから…中国が今回テストに成功したレベルの実験は、米国では1985年に行われていたそうです。衛星攻撃の手段としては、レーザーや電磁波を用いた各種エネルギービーム兵器、軌道上で核弾頭を爆発させてEMPを発生させて電子機器を焼き切る方法などがありますが…物体と物体を衝突させる方法は、一番ゴミが発生させる可能性が高いのです。何より衝突の衝撃で宇宙空間に広がるゴミの量が、エナジー兵器だけであれば、破壊された衛星の分だけですが、これにKE弾頭が加わればその分だけ増えますから。宇宙軌道環境の悪影響も余計あるんじゃないかと。ちなみに中国や米国は、地上から弱い出力のレーザーを衛星に照射して、衛星の電子機器…主に電子光学機器だろう…を破壊するソフトキル攻撃の手法が確立されています。日本では天体観測時に大気中にレーザーを照射して、空気中の塵などを蒸発させ、焦点をすっきりさせるという手法がありますが、その目標が衛星に代われば、瞬時に攻撃手段になるわけですね。同じように日米で共同開発しているMDも到達高度に限界…当初目標数値は高度100km…はありますが、衛星を攻撃することも出来るわけで。開発の念頭に置く当初目的以外にも、こんなことにも利用できるよと言う方法が色々想像ですきます。しかしどちらにせよ、中国も現在日米がMDで研究しているKEシステムに対抗するためにKEシステムを念頭に置き始めたのならば、こちらもそれより一歩進めたエナジーウェポン(ジャンボ機を改造した空中レーザー砲台AL-1システムなど)の開発を促進することになるのでしょう。過去のSDI計画の残滓がそのまま中国に向けられることになるんでしょうか。

…追記…

この実験で発生したスペースデブリは、大小合わせて200万個だそうです。おい、この後の後始末…掃除を如何するんだよと…他の衛星がデブリに衝突してクラッシュが連鎖するケスラー・シンドロームにならないだろうな?…。

  1. 2007/01/20(土) 11:11:11|
  2. ミリタリー

自分、こんな本を読んでます…その2

日に日に増して暇を持て余しているミン・ツーシェでございます。さて今日は近所の本屋で定期購読している軍事研究の最新号(2007年2月号)を仕入れてまいりました。札幌は本州より2日遅れなので、やっぱりタイムリーな反応とはいきませんが…内容を掻い摘んでみましょう。
http://gunken.jp/blog/←軍事研究のサイト
軍事研究2007年2月号

↑軍事研究2007年2月号の写真。
この雑誌に関する印象と言うと、それぞれの分野の専門誌(航空・艦船・陸上)に比べると発売時期が2週間ほど遅いくせに、内容情報の鮮度に欠ける面があり、その書き方には違和感もあるのですが、それでも尚、わが道を行くという雑誌のスタイルを変えないところは個人的に買っています。
さてこの号の巻頭グラビアには米海軍の次世代計画に倣った…というかパクッタ…としか良い用の無い御仏蘭西海軍の次世代艦船の写真が幾つか載っていましたが、例えばメーカーと海軍が2020年代のステルス艦船として計画していると言うスウォードシップとは、米海軍のズムウォルト級DDXにトリマラン船体を取り入れたようなイメージです。多分、現段階では単なるイメージだろうと思うけれど、ズムウォルトが先鞭を付けたタンプルホームのデザインは、次世代の戦闘艦艇の基本形として受け入れられつつあるのかなと思ってみたりします。同じページには、次世代用のオペレーターステーションや指揮センターのコンセプトが掲載されていましたが、壁一面を高精細なフルカラー表示スクリーンにして、オペレーターの椅子とコンソールスクリーンを一体化したデザインでしたが、これに似たようなデザインはアニメなどにも散見されるものですが、これを見ると現実も空想世界のアニメデザインに追いついてきたと言うか、これ以上のデザイン的な進化も頭打ちになってしまうのかなと思ってみたり…ちょっと複雑です。ドキドキするようなデザインとか、アイデアへの出会いが欲しい今日この頃です。新型空母PA2型のイメージは、英海軍の新型空母と同じ双子艦橋を持つ形式ですけれど、米海軍では過去に艦橋をど真ん中に持ってきて、その両サイドに斜め飛行甲板を持ってくるというデザインがあったんですが、ああ言うちょっとした趣向を凝らした空母もあって良いと思うんですが、そう云うのはどちらかと言うと、空母に関する新機軸を次々と生み出した西欧海軍(特に英海軍)にもっと発揮してもらいたいところです。水中の潜水艦から頭上をうるさく飛び回る敵の対潜航空機に対する反撃手段として格闘戦用のミサイルであるMICAの水中発射型のイメージが載せられていましたが、この分野では米国でもAIM-9Xサイドワインダーの垂直発射型もテストされたり、ドイツ主導ではIRIS-Tを転用したIDASと呼ばれるシステムを開発しているようなので、将来的には海上自衛隊の潜水艦もこの類の対空ミサイルシステムを擁するようになるのでしょうが、そもそも潜水艦が哨戒機に対して反撃した時点で、自分の位置を暴露するようなものですから、このようなミサイルをキャプター機雷のように予め敷設させるとか、行動を共にする無人潜航艇に搭載するとか、とにかく要である潜水艦の身を護るシステムとしては、自分から積極的に使うべき攻撃オプションではないでしょう。もし自分の位置を露呈させてしまえば、あっという間に敵の対潜航空機が群がってくる間に、水中を行く潜水艦が移動できる距離などは、たかが知れているわけですから。この手の対空ミサイルを用いた実力行使をしてしまった後では、逃げ場は無いでしょう。自己位置露呈で逃げることが難しくなるというのでは、使いどころを選ぶ兵器となるのは想像に難くありません。

欧州の無人航空機の特集がありましたが、この分野に関して言うと、中身はともかく、米国製に比べれば西欧の機体の方がバリエーションに富んでいるようです。そりゃ開発メーカーがアメリカに比べれば多いですから、それだけアイデアも多くなると思うのですが、翻って日本の場合は、もう少しこの分野に注力しても良いのではと思ってみたり。確かに空中発射式の無人機をベースに着陸機能を付加した改良計画が防衛省の技術研究本部で行われていますが、この分野では日本はさほど他国に遅れを取らないような気もするのですが、果たして実機製作に移行するか現段階では不透明なATD-X(心神)をいっそのこと無人の実験機として製作してみるのも手ではと思ってみたりしました。

他にも次世代の水上艦艇の特集を行っていました。DD-1000ズムウォルトを頂点に各国の個性的な艦の比較がなされていました。それで日本からの登場はあたご級イージス護衛艦だけでしたが、計画段階とは言え、DD19も加えて欲しかったなと言う印象があります。比較するとDD19は諸外国の主要艦に比べるとミサイルなどの搭載数が少ないので、打撃力では劣るでしょうし、ステルスデザインという点でもズムウォルトクラスには比べるべくもありません。いや、比較する方が可哀想と言うものでしょうか。艦橋と後部格納庫上の前後にレーダーパネルを分散配置させるなどそのデザインは、遅れてきたアーレイバーグ級といった印象を受けますね。その大人しい外面ではなく、内部に秘められた戦闘能力のポテンシャルが一体どの程度なのか…弾頭ミサイル迎撃に当たるイージス護衛艦を護衛するミニイージス護衛艦であるDD19ですが、一時はSPY-1Fになると見られていたレーダーシステムも当初見込みのFCS-3回改型に落ち着いたようですが、主要武器のミサイルは当初計画にあったSM-2ミサイルの搭載は予算面から難しいようでESSMのみのようです。無論、SM-2は搭載可能でしょうが。イージス艦に弾道ミサイル迎撃用のSM-3シリーズを搭載する関係で、イージス艦に搭載できなくなった艦隊防空用のSM-2をDD19に振り分けるという選択も可能でしょう。しかし品質はある程度確保されているようなので、後は艦隊の数という問題になりますが、果たしてこの19DDは何隻建造されるのか?…一説では4隻という話もあるので、これでは海上自衛隊の艦隊戦力維持もままなりませんが、西側諸国が艦艇の更新に励む中で、韓国と中国の増強は日本以上に海軍戦力の増強に勤しんでいますから、日本も日米同盟があるからと言って安泰と言うわけでもないでしょう。

他にも色々な記事があったのですが、まだ読み足りないので割愛するとして、巻末にロシア軍のこれからだとか、北方領土絡みの話がありました。北海道民の端くれとして少しだけ興味を持ちました。ロシア軍関連の記事では、ロシアの軍備が再び増加局面に入っているとありました。これは凋落して兵器更新もままならなかったロシア軍が、昨今の原油高で財源に余裕のある今のうちに、少々無理しているという分析でしたが、妥当な意見だと思いたいですね。中国とこれ以上連帯を強化して日米同盟に拮抗されても困りますからね。さて北方領土の記事に関してですが、我が北海道は都合上、冷戦時代から続く北方領土の絡みで、ロシアの動静がローカル版のニュースとして取り上げられることが多いのですが、それは韓国と海峡を挟む対馬や、台湾・中国と海を挟むオキナワなどのローカルネットでもそうだと思うのですが(←あくまでも個人的な想像です)、全国ネットでは取り上げられないそれらの隣国絡みの小さな話題に接する機会が内地の人たちに比べれば若干多いかもしれません。かと言って自分は北方領土の返還に関して大した思い入れもありません。別に北方領土なんて返還されてきたところで、日本の縄張りが少し増えるくらいにしか思えません。それより大事なのは日本がこれ以上、隣国に現有する縄張りを踏み躙られないようにすることが肝要なんですから。そこでふと思ったのは、日本人自体が減少局面に入っている現在では、社会的な活力もそうですが、逆に人口増大の局面にある民族グループが近くにあれば、その民族集団からの人口流入を含めた様々な圧力があるだろうということです。それが今の中国と日本の緊張になっているのかなと思ったり…その頭数の相関関係が、一方的な民族の消滅や併合、もっと緩やかなレベルでの和合など様々な段階があるわけですが、結果として起こるのは民族同士の交雑・混血の誕生です。現在の北方領土に居留するロシア人は僅かです。この程度の数であれば、こちらは多勢ですから呑み込むのも容易いかもしれません。日本人が新しく入植して現地のロシア人全員と関係を持ったとしても、次の世代には新しいハーフの子供たちが出来るわけです。ただし今の日本人の不甲斐無さから考えると…ロシア人男性×日本人女性はともかく、ロシア人女性を日本人男性が性的に満足させることが出来るかと言えば…(?)でしょうか。こんな理由から日本民族が、ロシア民族を北方領土のようなごく限られたエリアにおいても呑み込むことは難しいのではないかと想像しました。そう云う点では、何事にもがつがつしている今の中国人の方に分があるでしょうかね。ただし中国も2030年代には、日本と同じように人口減少の局面に入るそうなので、今のうちという声もあるようです。その後はインドが人口世界一の栄冠を手にするのだと予測されていますね。だから稼げるうちに何事もやっちまおうという中国の姿勢が、日本も含む世界中からの顰蹙を買っているのでしょう。そんな中国の姿勢がオキナワの南西方向・東シナ海の資源採掘で如実に現れてるわけですし、同じ資源絡みでは我が北海道のさらに北方では…日本企業も出資していたサハリン2で、良いところまで出来た設備をロシア側に分捕られましたから。美味しいところで、鳶に油揚げを攫われたというところでしょうか。もう少し日本人も狡猾になれないものかと思うんですが…現代のお人好な日本人も、次世代の日本人には、仇にしかならないような気がします。そんな鬱憤を、北方領土を日本人とロシア人のハーレムにすることで発散出来ないかという観点から妄想してみたのですが、否定的な結論に至るにつれて余計に鬱憤が溜まっちゃいましたね。
  1. 2007/01/14(日) 22:22:22|
  2. ミリタリー

自分、こんな本を読んでいます…その一

いやぁ、はや…弾頭(←×暖冬:○)傾向にある今年の北海道。我が札幌も例年の半分以下の積雪量で、この時期は我々、交通誘導警備員は、除排雪の業者の警備に就くものなのですが…雪が降らないから商売上がったりでございます。そもそも雪対策の予算は、はっきり言えば、寒冷地特有のものですから、積雪の無い地方に考えたら余計な負担。どぶに捨てるようなお金かもしれません。我が札幌市は、一シーズンで3m近くの降雪があるとされていますが、今年はそれがあるかどうか。まぁその分、煩わしい自宅前の雪かきなどもせずに済んでいるのですが…商売上がったりでは、複雑な心境であります。さてこうして暇暇している私目ですが、たまに新刊の本を手にしてみました。
http://www.amazon.co.jp/%E8%B6%85%E4%BA%BA%E9%A1%9E%E3%81%B8-%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%81%A8%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%B0%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%81%8C%E3%81%B2%E3%82%89%E3%81%8F%E8%A1%9D%E6%92%83%E3%81%AE%E8%BF%91%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E7%A4%BE%E4%BC%9A-%E3%83%A9%E3%83%A1%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%8A%E3%83%A0/dp/4309906982
 「超人類へ!バイオとサイボーグ技術が開く衝撃の未来社会(ラメズ・ナム著・河出書房新社刊)」というタイトルの本です。
 内容的には、手堅い反面、突っ込みどころが散見される部分がありましたが、中でも自分の興味を引いたのが、第10章ワールド・ワイド・マインド/P242に出てくるコンピューターと脳のインターフェイスについてのアイデアでした。これは血管内手術の原理を用い、脳内隅々にまで行渡っている血管の血流に載せて、動脈からプローブを挿入し、体外から磁石で持ってこれを脳まで誘導し、10マイクロメーターほどの無数のカーボン・ナノチューブを使用した電極をニューロンと連接させるというもの。電脳化技術の面白いアイデアだと思いました。これですんなり電脳化技術が実現するかどうかは判りませんでしたが、脳の血管造影などに用いる血管内手術を土台にしたという考え方は、現在の医療技術の延長上にあると言えるでしょう。現状のまだ海のものとも、山のものともつかないバイオ・サイボーグ技術の現状を再確認する上では、有用な書籍だと思われました。
  1. 2007/01/13(土) 18:00:00|
  2. サイエンス

未来のリビングルーム…

夕方のテレビニュースで、未来のリビングルームという触れ込みで、HRP-2を用いたお手伝いヒューマノイドロボットの実験成果の光景が公開されとりました。
HRP-2の実験成果。お手伝いバージョン

リビングルームの室内環境を想定し、お茶汲みをHRP-2に実演させていましたが、過去の皿洗いの実演でもそうでしたが、処理時間が結構掛かるようで、まだ発展途上のようですが、実用化するのは10年以上先を念頭に置いているそうですから、その頃には今の鈍い動きも克服されているでしょうか?。この写真では判りませんが、TVニュースの中ではHRP-2が2体ほど登場していましたが、そのうちの一体の下半身はベースタイプの二脚歩行ではなく、ローラー方式に換装されているようでした。これもHRPの開発コンセプトに含まれていたパーツのモジュール化の賜物なんでしょうかね?。まぁこの手の開発が、ゆっくりとですが、着実に進んでいるということを再確認させていただきましたが、やっぱりこの手の公開は色々な意味があったり無かったり…例えば、研究予算の獲得・ライバルたちへの牽制・企業や世間一般へのPR等々…考えられることはこんな感じですが、日本のロボット開発の明日に幸アレ…と思いました。
  1. 2007/01/10(水) 20:00:00|
  2. 未分類

自分、こんなアニメが好きです…その1

自分はアニメ…エロも含めて…観ますが、果たして見るアニメも年代を重ねるにつれて新しいものは、余り見なくなっていますが、昨今、歳を食って偏向的になってるのかなぁと思ってみたりします。さて自分の中でDVDで持っているのは、幾つかあります。その代表例を挙げてみましょう。

攻殻機動隊シリーズ。サイボーグアニメの金字塔。劇場版2作品及び、TVシリーズ2シーズン、後はオリジナル作品を持ち合わせています。自分の中ではやっぱり劇場版第1作が記憶に残っています。他のは…記憶力が低下しているので、あまり印象に残っていないと言うか…全体的には面白いのですが、ストーリーが複雑。画力は秀逸だと思いますが、話が複雑な割りには、テクニカルな描写が乏しい。原作はその手の描写満載でしたが、そのせいで難解なものになった気配があったので、些か敷居が高かったのですが、スタッフはそれを懸念したのかもしれません。それにロボット然としたヒューマノイドの登場が一切無いというのは、ちょっとねぇと思う。意図的なものかもしれませんが。

プラネテス。これも攻機のように漫画が原作ですが、原作をベースに完全に作り変えたものになっていますが、その割合はこちらの方が高いでしょう。某公共放送(MHK)のBS枠で放送されていただけあって、画力は民放のものとは段違いに秀逸です。話が宇宙時代の下層サラリーマンということで、宇宙船の描写などメカニック的には見るところが色々ありましたが、この時代にこの主人公とヒロインの職業である宇宙ゴミ回収業と言うのは、これこそ生身ではなくロボット化が推進されてしかるべきではないのかなと思ったり。ストーリーは中盤からは、主人公が木星往還宇宙船クルーを目指す過程で、内面的なものになって自分的にはたるーく感じられたのですが、最後は旨い形にハッピーエンドで終わらせてくれました。

イノセント・ビーナス。これはう○こなアニメ。個人的にはFCSのような先進歩兵が活躍するアニメが無いかなと思って居たところに登場してくれたのが本作品。ですが…絵がベタベタ。自分はクオリティ重視なので、DVD一巻を買って視聴した時点でペケ。せっかくロボットスーツの描写とかもあったんだけど…話も何か観るに耐えなかった。自分はハードボイルド的な要素を重視するタイプなので、そう云う点ではストライクゾーンが狭量ですね。
  1. 2007/01/07(日) 01:01:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

自分、こんなサイトが好きです…その2

米陸軍のFCS(Future Combat System)計画のサイトは、先月のブログ記事にも載せましたが、今回はそのサイトに見られるコンセプトビデオの一部から…http://www.army.mil/fcs/
他にもシステムのインテグレーションを司るメインコンストラクターのボーイング社のサイトなどの一部には、FCS部隊のシミュレーションビデオが幾つか公開されております。
http://www.boeing.com/defense-space/ic/fcs/bia/index.html
↓ちなみに下のサイトがボーイングのFCS関連のビデオコーナー。
http://www.boeing.com/defense-space/ic/fcs/bia/videos.html
FCS計画の次世代アイテム

[これらの視聴にはwinのmedia player http://www.microsoft.com/windows/windowsmedia/default.mspxのプラグインが必要。]
これはボーイング社のFCSサイトにあるもの。上の写真には情報用のタブレット端末を持つ兵士とともに、無人ヘリ、知能化地雷、偵察用携帯UAV、迫撃砲用の砲塔、歩兵戦闘車、自走砲とそのプロトタイプの射撃シーン、自走迫撃砲、ロボット試験車両、地雷処理・物資輸送・戦闘支援用の各種ロボット車両、コマンドポスト車両、垂直発射のミサイルコンテナを載せたトラック、前線観測車両、戦車回収車、戦車、戦場救急用の医療搬送車、これら有人車両の試験用MGV、そのコックピット、観測用投下式センサーなどが同居しております。これらは後述する実写版のFCSシミュレーション・シナリオに出てきます。ボーイング社のサイトを例に取ると、FCSのシミュレーションシナリオは、シナリオ別に分けて9つ。それらはCG版と実写版に大きく分けることが出来ます。実写版はそれらCG版に比べると量が多いのが特徴。その差異を見比べるのも中々面白いものでした。まぁ要は装備品の間違い探しなんですが、CG物と実写版の違いは幾つかあります。例えば兵士の装具。CG版の兵士のヘルメットは、カメラセンサーが側頭の両サイドにありますが、実写版ではヘルメットの前端部に一つに纏められています。それが上の写真の右端に2人居る兵士のヘルメットに現れています。他にもCG版では兵士が電子ペーパータイプの携帯端末を使用したりしていますが、実写版の携帯端末はタブレットタイプのパソコンです。画面内容は大差は無かったのですが、表示媒体がCG版では実写版より先進的でありました。今の電子ペーパーは、市場に出回り始めたばかりで、普及はまだまだです。現代の液晶表示装置を駆逐するには時間が掛かるのではないでしょうか。小銃もCG版では良く判らない代物でしたが、実写版では今のM4カービンタイプなど現状の銃器と同系統に見受けました(←自分は銃はからきしダメ)。実写版はよりリアリティを出すためかどうかは知りませんが、これらのシナリオが想定する2014年は今から7年後ですから、今の銃火器が劇的に変化することは無いでしょう。次世代の小銃に選定されたはずのXM8…H&K社製K36カービンをベースにした改良型…が出てこなかったのは疑問ですが、まだXM8の採用は本決まりではないのかもしれません。しかしこれらの中で特に印象的だったのは、車両に乗っていた乗員たちは完全にタッチパネル・スクリーンの画面上で戦闘に参加していたと言うこと。砲弾の放物線やロボットの移動先の指定など、画面の表示領域を指でなぞり、戦場の動く光景を描いていました。他にもM2ブラッドレーの後釜であるFCSの歩兵戦闘車は、爆発反応装甲と思われるサイドパネルがぼこんと大きく車体の両サイドにあり、路地に入るときに塀に擦り付けているシーンがありましたが、伝統的な市街地では、取り回しに苦労しそう。それに加わることになるロボット車両が、2014年ころまでシミュレーションで描かれたような知能レベルにまで到達できるのか判然としません。ちなみに米国では野外の無人自律走行には成功しているのですが、市街地での試験開催はまだのようで、
↓下の記事がそのネタ記事。
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200609051641&ts=9e1fbca2413837623dbb612141c8a7a4cca90df7
またやるみたいですね。このFCS計画の戦闘ロボットに二足歩行兵器が登場していないのが、非常に口惜しい点ですが、コンピューターマップ画面上で刻一刻と変化する戦場をモニターしながらパネル画面を指先で触れてオプションを選択していく光景は、過去のロボットアニメの世界を体現しています。それだけでも自分としては萌えるものがあります。こんな変革を自らやってしまうアメリカ軍は凄い…とは思うんだけど、この辺りが限界なのかな?、とも思ってみたり。物理的背景が単純で兵器が広域に分散する空や海と違い、陸は地形が複雑で狭いエリアに敵味方が複数犇めく状況では、情報のデータ量が膨大になって処理に必要なコンピューターもネットインフラも高速な代物が必要になっています。それを遅滞無く実現できれば、ホントに凄いもんですが、これらのシミュレーション・シナリオを実戦活用できるように構築出来るのか見物です。取り敢えずこのような巨大な兵器体系のシステム開発は膨大な開発コストが必要ですから、先導はアメリカに任せておいて、日本は追かず離れずの距離感で後追いをするのが賢明でしょうか。日米同盟の恩恵として陸上自衛隊向けにも安く売って貰えれば助かるんじゃなかろうかと思います。前にも言いましたが、特段ブラックボックス的な要素の少ない汎用技術の集積物なので、ライセンス生産をするにもF-22ラプタンのようなハードルは無いんではないかと…
さて話はかなり変わりますが、この手の兵器開発に膨大な投資をしなければ、アメリカは世界唯一の軍事大国としてのポジションを維持できないわけですし、そのせいで世界中から憧れと同時に憎悪も買うことになるわけで…超大国として振舞うアメリカという国は、世界的に損な役割だなぁとつくづく思います。かつての大日本帝国もそれを単独でやろうとして失敗したわけですから。頭一つ頭抜けていると、国際世間の風当たりも強くなります。そう考えると、今のアメリカの苦悩もかつての大日本帝国時代の立場に通じるところがあるような無いような。戦後の日本はアメリカの与えてくれた平和憲法を口実に、冷戦期はヤバイことから逃げてこれたのですが、これからもそれが可能かどうかといわれると…やっぱり中国や朝鮮半島と言ったお隣さんの問題が顕在化している現状では、日本も座視するわけには行きませんから難しいでしょう。将来的には日米同盟以外にも、韓国や台湾、豪州、ASEANなどとの多国間同盟や、中国も加味した軍縮などが進めば良いですけれど、今の日本や周辺諸国の政権状態では難しいでしょうか?。軍備に金を賭けないで済ますには、各国で応分にリスクを分担する同盟を結ぶことが手近な手段ですね。ただしこれは明らかに集団的自衛権に関わるので、すんなりとはいかないでしょうが、少子高齢化の中では、将来的に徴兵制も復活なんてちらほら言われ出している昨今、兵士のなり手を十分に確保できない国は、軍隊の自動化・ロボット化に邁進すると同時に、軍事的にもコストを賭けていられない中では、集団的自衛権云々の局所的な机上の議論も、切実に迫ってくれば、現実的な集団的自衛権の実行選択をせざるを得なくなるでしょうか。
  1. 2007/01/06(土) 15:30:00|
  2. ミリタリー

自分、こんなサイトが好きです…その1

新年の元旦からから変態属性をぶちかましてしまいました私め…いやはや…お恥ずかしい限り(^_^;)…って誰もこんなブログ見ちゃ居ねぇかな?。ネットの片隅でこう細々と自己満足をしております今日この頃…変態ヲタ返上の名誉挽回じゃありませんが、自分が日々チェックしているサイトはエロだけじゃないんだよという感じの真面目なリンクをUpしてみようかなと思ってみたり。その第一弾はサイエンス・テクノロジー関連でございます。
http://www.technobahn.com/ 
↑テクノバーンのサイトリンク。
このサイトのメインは、あくまで企業情報と株価のようですけれど、企業活動はモノを売って何ぼ。そのモノを作るのはテクノロジーと無縁じゃないから、その新しい次世代の売り物になりそうなネタをこのサイトで見つけよう…とは、些かこじ付けっぽいけれど、自分なりに紹介するとしたらこんなところ。ただこの手のサイトは、理科離れが言われる昨今、どうも休止したりするところが相次いでいるのが寂しい限り。日本国民よ、科学に目覚めろォ!!とは言いませんけど、もう少し科学的な好奇心を持ちましょう。っていうか、今の若い人間は、俺もそうだけど、興味の無いことには全然興味を示さないし、逆に何に興味を持てばいいのか判らないという人間も増えている…これで社会的な活性が衰えない方が可笑しいと思う昨今。かなり脱線してしまったが、そんで幾つか気になった記事をピックアップして見ましょ。
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200612140139↓下の写真のネタ記事へのリンク。
重装甲車

これは地雷・爆発物への耐久性を追及して開発されたデザインだそうで。車体とキャビンはカプセル化されて、別個のものだそうで。見るからに軍用車でも超高級車っぽいのだが、デザインだけ見るとアポロの月着陸船にも通じると思えるのは自分だけだろうか?…なんか、車体の真下で爆弾が爆発すると同時に、その爆風に乗ってキャビンが真上に上昇するという光景が思わず目に浮んでしまったっす。
そんでその次…
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200610051941↓下の写真のネタ元リンク。
円形カタパルトの想像図
カタパルト用ロケット

地上から軌道上に物資を打ち上げる加速器の想像図。まぁガンダムなどの世界では月面に設置されるマスドライバーシステムとして、ちらっと出てきたりする。この手としては比較的ポピュラーなもの。写真の中では射出されたコンテナが炎に包まれていますが、大気との摩擦熱か、ロケットの炎かは今一判然としません。記事の中には山手線がどーのこーのとあったので、建設にはただ広い敷地面積が必要なようです。ですから土地の有効活用が今ひとつな北海道に是非とも誘致を…と思ってみたり。この記事は技術開発で、建設計画があるわけじゃないけれど、北海道新幹線に千億から兆の単位の予算をかけるなら、こういう夢のあるものに投資してみるのはどうよ?…と思ったりする。旨い具合にこの加速器の根幹技術になりそうなものとして、日本にはリニアモーター技術の蓄積が数十年とあるわけだし。昔の未来予想では、今頃は在来式の新幹線は、リニアモーターカーにとっくに更新されているはずだったのに…ここでその技術を宇宙開発に転換して起死回生を!!、とは行かないもんかねぇ。ちなみに小さい写真は、貨物を載せる打ち上げ用コンテナで、軌道修正とブースターを兼ねたロケットを内蔵しているそう。北海道のような高緯度地方から打ち上げるには、パワー不足をブースターなどで補ってやる必要が出てくるから、コンセプトとしては使えるように思える。ちなみに同じ電磁カタパルト技術でも、このような絵空事に近い分野と、実用化を念頭に置いた技術開発があり、後者は空母のカタパルト用にアメリカが本腰を入れて研究開発しているのでありますが、カタパルトくらいなら日本でも作れそうな気がします。それをアメリカに売るということは…以下略。
そんで次はオスプレイの話。
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200611201404
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200612262014↓下はV-22の写真。
V-22の着艦スィーン。

回転翼と固定翼の合いの子であるチルトローター機。次世代の輸送ヘリコプターとして期待されながらも、1980年代に開発が開始されて以来、開発も佳境に差し掛かった時期に大事故で遅延して以来、俺の中ではとうに死に絶えていたと思っていたプロジェクトです。というか単に俺の興味が失せていただけなんですが…その機体も四苦八苦しながら、何とか実戦配備が着々と進んでいるらしく、今年辺りに初期作戦能力(IOC)を獲得するとかしないとか。日本にもメーカーが売り込みに来ているようなので、将来的には空海の救難機とか、哨戒機のベース機体になるじゃないでしょうか。ちなみに海上自衛隊はUS-1A救難飛行艇の後継機としてオスプレイの採用を検討してたのですが、米国での開発がゴタゴタ続きだったので、US-1Aの改良型であるUS-2開発を決意したのは有名な話。某サイボーグアニメ・攻殻機動隊の主力機としてもチルトローターが出てきますが、警察に採用されることは…あるでしょうかねぇ?…せいぜい海上保安庁あたりでしょうか。もちろん予算が許せばですが。
またまたその次の記事。
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200612110606&ts=efe5f435d35f45e93b6fae36d985f66c868caee2↓下は偵察用UAVの写真。
偵察用無人UAVプロトタイプ

これって米国製ですかね。簡単に言うと、ドーナツの中に二重反転ファンを組み込んだものとお見受けしますが、10年ほど前にドーナツ型のサイファーというのが登場していたのだが、旨い具合にダウンサイズしたものです。この手のUAVも米陸軍の次世代計画FCSに組み込まれていると思うのですが、日本の技術研究本部(TRDI)のサイトにも、数年後には似たようなアイテムをアップしているんでしょうなぁ…。
それから次の記事。
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200612181852&ts=b19a4f63fa7251480917b6682e36582e0c5f3a7c↓下の写真のボールのネタ記事。
3次元バーチャルマシン用のボール。

米海軍が兵士の訓練用に使いたいと言うバーチャルマシンだそうです。球体の中に入った人間が、HMDを被ってバーチャル世界を歩いたり、走ったり出来るそうです。この球体はメッシュ製のパネルを組み立て、ローラーの付いた架台に載せることで360度どの方向でも移動する感覚を再現しているそうで…ハムスターのような小動物が運動不足解消に使うホイールの人間版のような気がします。ただしこのバーチャルマシンも、飛んだり、掴まって上ったり、腹ばいになったり…といったことは出来そうに無いので、まだ改良して洗練する余地はありそうだ。それに他のシミュレーターと違って高価なシステムでは無さそうなので、普及すれば広範囲に普及しそうだが…
  1. 2007/01/04(木) 15:30:00|
  2. サイエンス

2007年の初日です。(バルゴ06その1)

謹賀新年、あけましておめでとうございます。本年も何卒、ご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げますm(。_。)mということで、新年の初日と言うことで、何か書こうと思ったのですが、ネタが思いつかない…ので、自分が過去に没にした妄想の駄文をアップしてみたいと思います。これは"バルゴ06"というP-21A哨戒機の中の取り留めの無い話です。


※ ※

 

P-21Aは、初期型のP-21の改良型で、運用コスト削減のために、ミッション機器の刷新による自動化の推進と、4発あったエンジンの双発化が施されている。そしてリセプタクルと呼ばれる空中給油装置の受油口がコックピット上部に新設されている。これは哨戒時間を延長するためのもので、燃料消費の激しいジェット哨戒機には必須のツールだが、諸外国の哨戒機では、ドローグ・プローブ式を広く用いているのに対して、P-21Aでは航空自衛軍のKC-767Jの支援を想定していたため、空自が使用するフライングブーム型のものに合わせている。調達数が少ないために、ミッション当たりの任務時間を長くしようという苦肉の策である。それに加えて省力化も進められた。ミッション機器の高度自動化は、従来は5名必要だったオペレータークルーを3名に減らし、そのお陰で乗員数はP-21の11名から、9名に減っている。ただしソノブイ投下などの肉体労働が必要な分野は、まだ自動化が遅れていた。また主翼にぶら下がっていたエンジンが2つ減ったことは、整備コストの削減とともに、その余白に武器の搭載スペースが新しく出来たことを意味する。P-21では旧来のP-3Cオライオン対潜哨戒機に倣って尾部から伸びていたMAD(磁気探知装置)ブームは、P-21Aでは幾分短縮され、その根元にミサイル警戒用の光学センサーが仕込まれた。P-21Aのキャビンは、トイレ以外、原則的にコックピットから最後部のギャレーまで、間仕切りの無い区画なのだが、このバルゴ06では、コックピット、前部オペレーションデッキ、後部キャビンの間に、それぞれはめ込み式の隔壁を設けている。これは特に防音・防湿効果に優れていると同時に、高温環境下にあるイラク派遣で、個々のデッキ・ステーションに隔壁を設けることで保温効果を高めているためだ。昨今の電子機器を多用する兵器システムには、クーラーを作動させて室温を一定させる必要があるのだ。

 

※ ※

 

女性クルーのみで構成された戦う乙女の武装集団が、海の上のDD-164よいづき以外に空にもあった…そのもう一つの処女宮の中…

 

※ ※

 

「…あぁ、また出産祝いかぁ…今月も交際費の出費が嵩むなぁ…」

 鼻の下と上唇の間にペンを銜えながら、一人ぼやいていた(作戦担当用戦術航法士官席の)コンソールに向かっていた内藤桃子1等海尉。そこにコックピットから(機長の)飯田思信1等海尉がキャビンの方にやって来た…機体のコントロールは、燕城寺麻弥と自動操縦に任せて、機内の散策としゃれ込んだわけではないのだけれど、用足しも兼ねた顔出しである…。 

「…どしたの?…」

「…うんん…ちょっとね…ただの指先の運動…折り紙よ…」

 飯田思信の問い掛けに言葉を濁らせた内藤桃子だった…わざわざモニターの電源を落として、筆算計算していたメモ用紙を反射的に織り込んでいた桃子だった。その右の手先は、その場を取り繕うように折鶴を折り始めていた…それが思信の眼には、明らかに奇異な行動に映るのだ…これが突っ込まずにいられようか?…。

 「…だからちょっとどうしたの?…わざわざ折鶴をおっての指先のリハビリってわけじゃないでしょ?…」

 同じ仕草を両方の指先で模倣してみせる思信。その器用さは、彼女の脳内のミラーニューロンと、指先の運動を司る領域の連接の良さを匂わせるものだった。そしてその発達した器用な指先に、桃子は寝床で何度煮え湯を飲まされたことか…いや、それは私的で感覚的なことだ…。

 「…もぉ…交際費の計算よ…」

 思信に詰め寄られた内藤桃子は、しぶしぶ自分がしていたことを言ったが、まだ核心には触れていない。それを口にすれば、また思信からワンパターンの台詞を聞くことを予想できたからだった…。
 「…交際費って何の?…あたし以外の女性との浮気を考えてるのかしら?…」

「…そんなことするわけないでしょ!!…」

 そんな思信の挑発に思わず言葉を真に受けて声を荒げてしまう桃子。その後に”…何時も浮気をするのは、あなたの方じゃない!!…”という台詞を呑み込んだ桃子だったが…それはこの場で触れる類のものではないのは十分に承知している…他のクルーに聞かれてしまうのは、彼女が最も躊躇するところだった。例え自分を含めたクルー全員が、お互いの肌の肌理の細かさまで知り合っている間柄だとしてもである…桃子と思信の2人だけの間の問題に局限されることだからだ…飯田思信はことあるごとに、自分のことを一番に想っていると公言して憚らないし、それを他のクルーも承知しているのだが、ふと不安に…満たされていない自分の心に気づく桃子…そんな貪欲な自分を痛感するのが嫌なだけなのだ。そう、結局は、桃子自身が意固地であること、自分の世界観の狭さを痛感するのだ…未だに思信と同じ視点の広さに立てない桃子は、自分にちょくちょく幻滅するというわけだ…果たして思信の生涯の伴侶に相応しいのか?…よく疑問に思うである。しかし当の思信は、そんなことを気にしている風もないし、逆にそう苦悶する自分のことを、ただ見守っているだけなのだ。その不足部分を他の女と交わることで補っているのかもしれない。完璧主義者ではないし、そうはなれないと桃子自身が自分に言い聞かせても、自意識の裏側では、かくあろうとしなければ、そのモチベーションを保ち続けなければ、思うような結果が伴わないことを自覚しているため、潜在的に無意識から自意識へ完璧を保つようにとのプレッシャーを掛けているのだ…それはプライドという形のもので形容される…。

 「…おほん!、とにかく私の個人的な交際費の計算は、あなたの範疇外でしょ?…」

 一呼吸おいて、桃子は自分の心の規律を正すと、これ以上の相手との会話を終了する意図を台詞に滲ませたのだが…。

 「…なぁに?…やけに邪険にするじゃない?…」

「…あ…」

 そのしなやかな思信の指先が、静かに首筋に触れた…うなじを擽るのだが、思わず艶のある息を漏らしてしまう桃子だった。

 「…そんなにベッドの中と、一緒になるとは想わないでよ…」

 桃子は思信に耳元にささやくように抗議の目線を送る…それを受け取った思信は、切り替えした…。

 「…あたしにはそんな気は毛頭は無いわよ…私生活も、空での仕事もすべて私が主役の人生のストーリーだもの…すべてが一緒なのよ…そしてあなたがその第一のパートナーなのよ?…何時も云ってるでしょう?…」

「……」

 その思信の決め台詞に思わずぽっと顔を赤らめてしまう桃子だった…何度も耳にしているのだが…その度に頬の紅潮が増す気がしていた…。

 「…そんなあたしとの間に隠し事は無しのはずでしょう?…内藤桃子1等海尉…」

「…それは…」

 そのまま思信は、桃子の座る座席の背後ににじり寄ると、上半身をそのまま覆い被せた。後ろから桃子に抱き着いたのだった…。

 「…で、そのあなたの私的交際費の使い道は何なのかしら?…白状しなさい…」

 その思信の繊細な指先が桃子の胸元に降りてくる…。

 「…その…出産…祝い…です…」

「…それで誰にあげるのかしら?…」

「…くにくに…」

「…んぁぁ…藤森…せんせぇ…のとこと…天外艦長と…名取さん…のところ…んmんn…」

 熱い吐息を耳元に受け、両方の胸にはニップルに的確な刺激を受けている桃子。思信の仕草は、相手を確実に追い詰めていた。

 「…それでどれくらいなの?…」

「…ええ?…」

 そして桃子への愛撫をぱたりと止めた思信。思わず、ご褒美を目の前で取り上げられた当惑の目線を送る桃子だった…。

 「…何だかんだで、両方合わせて50万円くらいになるんじゃないかな?…」

 予算の見通しを言った桃子。それに対する思信の姿勢は、途端にシビアなものになる。そりゃ自分たちのお金が絡めば、それも一方的な出費なのだとしたら、少しは顔つきが変わるのも当然だった。そもそも隊内のこの手の親睦用交際費としてプールしている\…俗に言う裏金…のうち、桃子たちバルゴ06のクルーは、その積み立てにあまり頓着してこなかった。だから出もしない隊内の数々の出席行事やら…身内のクルーだけで、ほとんど毎晩、親睦を深めているせいだが…、上級幹部の異動への餞別やら、彼女たちだけで独自にプールしているわけではないから、独自に残高は無い。そもそも隊内では、彼女たちは未だに異端視されている存在なので、他の連中のように請求書を水増しして刷るとかの古典的な手法ではなく、桃子を窓口にして杓子定規に、サラリーから自腹で払い込んだ金は、隊内では裏の公金として処理されることになるが、その真っ先に矢面に立つのが、バルゴ06クルーのお金がほとんどである…。

 「…え、そんなに掛かるの?…」

「…ええ。みんな集めれば、当然、それくらいになるわ…香典貧乏になるよりはマシだけど…」

 言って初めてその金額に仰天した思信に、経理責任者である桃子は、何をかいわんやの表情で平然と言ってみせた…。

 「…まぁ何時か取り戻せってことでしょう…ところでさ、確か妊娠してるのって、春菜せんせぇの奥さんでしょ?…姫咲織絵ちゃんって初産?…」

「…いいえ、織絵さんはもう3回目よ?…」

「…え?…でももう子供は3人いるでしょ…」

「…織絵さんは2回出産しているし、藤森先生は1回出産しているもの…」

「…そうだったかしら?…」

「…そうよ…」

 自分の記憶データを桃子にあっさりと否定された思信。海上自衛軍に医務官として所属する藤森春菜は、パートナーである姫咲織絵との性生活において、己の征服欲を満たすために、男性器を模った人造ペニスを股間に移植し、見かけだけは”…ふたなり…”になった。この人造ペニスには、血液が通い、排泄の機能も、性的な興奮による発露も可能だが、あくまで女性のクロスポイントである陰核を増強する形で、移植されている。精嚢なども無いし、射精などの機能も無い。以前の通り卵子細胞や子宮系は残っているので、藤森自体も妊娠・出産ができた…。

 「…それでよいづきの艦長さんと、副長さんのカップルは?…」

「…名取副長が初産よ…」

 桃子に言われて思信は、頭を指先で擽った…記憶が混乱しているようだ…。

 「…こうも知り合いのベビーラッシュが続くと、こんがらがって来ちゃう…」

「…ほんとね…」

 思信は桃子に正直な本音を見せると、桃子も素直に同意してみせる。2人の知り合いは、決まって女同士の婦々生活を営んでいる。彼女たちに自然の成り行きでの生殖など不可能だった。後は人工的な受胎カプセルによる生殖ということになるわけだが、それが何だか一つのムーブメントになっている気がして、処女懐胎・女児出産という、”…百合…“の花に形容される同性愛方程式の小さなベビーラッシュに繋がっていた…それも以前は不可能だった女性同性愛者同士の単為生殖が、近年になって実行可能になったことが大きく作用しているのは間違いないのだろう…。

 「…ねぇ、桃子ォ…他所様のことより…」

「…ギクリ!…」

 思信の声音のトーンが明らかに甘えモードに変化する。背後から抱き付かれた桃子に、そんな彼女の流し眼の模様は映らないが、その様はありありと想像出来た。

 「…いい加減、あたしたちもみんなからの出産祝いでぼろ儲けしたいよね…」

「……」

「…赤ちゃん作ろうよ?…」

「…@+×△÷!%…」

 強請るような思信の言葉…この台詞に思わず桃子の心理は、ぞわぞわしてしまう。この次を展開させる言葉が頭の中で用意できていない…。

 「…あたしが桃子の赤ちゃん産んでもあげても良いんだよ?…」

 思信は自分の妥協案を桃子に言うが、一方この話を常日頃聞かされている桃子の耳には、何時にも増して嫌らしく響いていた…そうではないのだ。

 「…子供を産んであげたいの…みんなの赤ちゃん…」

「……」

 思信が懇願するように呟くのを聞くにつけ、桃子は決まってやるせない思いに囚われる…率先して産んであげたい。いや、みんなの赤ちゃんを産んでやりたいという思いは、居ア血ほど良く判る…だが…。

 “…思信はみんなのお姫様じゃなきゃいけない…処女の象徴であるみんなのお姫様は、誰かの子供だけを産んじゃ駄目なのよ…みんなの子供を産むなんて無理なのだから…だから独りシンボリックなヒロインである必要がある…そしてその孤独なシンデレラをわたしが影で支えてあげたいの…”

 その桃子の強烈な思いは、彼女に対して口にしたことは無い。その頑なな桃子の決意は、思信の女としての母性を決定的に否定するものだからだ。その代わりに思信の子供は、桃子自身が産むのだ。その硬い決意は変わらない…しかし自分が思信の子供を産むのに、相応しい心持になっているかといえば、それは否だった。自分が彼女に相応しいと思えなければ、気持ち良く妊婦になって、マタニティライフを送ることなど出来ない…しかしこれはあくまで桃子自身の内心の問題で、思信には関係の無い話なのだが、彼女の望むことを拒み続ける理由にもなっている…そもそも影から思信を支えるなんて桃子の独善なのかもしれない。その独善に酔いたいナルシストなのかも?…なんて下卑たやっかみも自分の中に渦巻いている桃子だった。

 “…あなたが好き…”

 桃子は思信に想いを寄せていることに気づいて、ようやく思信からのアプローチを受け入れて、2人は肉体を重ね合わせた。そうすることで、桃子は自分の胸の中に覆い被さる殻の打破を期待していた…しかし一皮剥けるどころか、時間が経過するとともに、桃子はその淡い期待とは裏腹に、その殻が肥大し重くなっている気がしていた…思信が何時も自分に投げかけてくれる台詞が、その神経症な桃子の心を暗澹にさせていたのかもしれない…。

 ”…ちょっとした瞬間の可愛い桃子…そんなはにかむ表情のあなたが大好き…”

 それは思信の桃子への素直な感想だった…

 “…あたしってそんなに可愛いかな?…”

 桃子はふとそう思う…

 “…何時もその顔が見れたらいいのにな…”

 それは思信の桃子へのささやかな願望だった…

 “…そうするには、一体どうしたらいいの?…”

 桃子は当然そう思う…

 “…肩肘張らずに、リラックスしてみて…ありのままの桃子でいて欲しいの…” 

それは思信の桃子への小さなアドバイスだった…。 

“…貴方の言葉をストレスに感じること自体…私は貴方に相応しくないのかもしれない…”

 桃子はそう不安に思う…それらの思信の言葉が、桃子の中に蓄積されて行き、彼女の巷に溢れる”妊娠”という事象で、桃子自身が子宮を持つという女性性の大きさがより拡大解釈されて、”…早く思信との娘を妊娠したい…”という桃子の気持ちを”…早く妊娠しなければ…”という強迫観念に変貌させ、思信への一途な貞操を護ることに固執することで、一皮剥けない自分を正当化する決め台詞にするとともに、自分以外の他者とも交わる思信への嫉妬を折り重ねる中で、押し潰されそうなほどになっていたのかもしれない…その点で桃子は頑なだった…そんな自分を思信は、ただ見守ってくれている。飽きて一方的に捨てられても不思議ではないと思うのに…どうしてそうしてくれないのだろう?…いっそのことそうしてもらえれば、簡単に諦めが尽くだろうし、所詮は思信も…という結論に到達して、桃子も安心できるのだ。要するに桃子は自分と思信とをどうしても器量の上で比較してしまうのだ。

 「…ピピッツ!!、ピピッツ!!…」

 そんな時、キャビンに電子音が鳴り響く。桃子と思信の2人の会話を遮るには、ちょうど良いノイズだった。その発生源はNav-comステーション(航法通信士)のコンソールからのものだった。しかし担当であるはずの吉岡柴2等海曹の姿は無かった…用便を足すために奥のレストルーム・エリアにでも引っ込んだのだろうか?…そう云えば、センサーオペレーターである諏訪部麒麟2等海尉の姿も見えない…吉岡柴はこの諏訪部麒麟の”お手付き”でもある…2人して連れ立ったのだろうか?…というか、桃子の座る戦術担当士官のコンソール以外に、キャビン内に4つある通信航法、電子センサー、音響センサー、武器の各担当者が何れもその場に居ないのだ…。

 「…バルゴ06聞こえるか?…速やかに応答せよ…」

 それは司令部からの通常回線での呼び出しだった…先ほどまで吉岡柴が交信に用いていた秘匿回線とは違う普通の無線だった…。

 「…こちらバルゴ06です…HQコマンド(Head Quauter Comand)どうぞ…」

 仕方なく応答に対応するのは、この場の責任者である飯田思信だった。というより、近くに自由に立って歩けるポジションに一番に適合していたのが彼女だっただけだ。

 「…これより貴機には、これまでの定時哨戒ミッションは破棄し、新しいミッションに就いて頂きたい。新しいミッション・プランニングは、こちらより暗号化通信でそちらに送信中である。本通信終了後、そのデータを参照されたい…以上だ…」

「…バルゴ(処女宮)06了解…」

 思信は事務的な応対で司令部との通信を終えた。当時、思信たちのバルゴ06は、ペルシア湾の哨戒監視飛行任務に就いていたのだが、彼女たちが所属する海上自衛軍第3哨戒航空隊からは、イラクには12機のP-21が派遣されていたので、それぞれの機体に黄道12宮の名前が冠されていた。その6番目のお宮さまが、内藤桃子たちが乗るこの処女宮なわけだ…まぁ要するにイラク派遣航空隊にローテーション配備されている6番機のクルーチームなのである。

 「…どれどれ…」

 早速、送られてきたデータファイルを吉岡柴のコンソールから転送させて、自分の前面にあるコンソールのスクリーン画面上に展開させていたのは桃子だった。手元にあるサブスクリーンの画面に直接手を押し当てる桃子。画面には画素ごとに微細な光センサーが鏤められている。自発光画素からの参照光の照り返しから押し付けられた物体の画像パターンを認識する。そうして自分の掌紋を読み取らせているのだ。司令部から伝送されてきたミッション・データの開封には、この場では戦術担当士官である桃子、あるいは機長である思信の生体クリアランスが必要だった。読み取りが終わって、画面をティッシュで拭う桃子。ちなみに手が直接接触することで画面に付着する汗や皮脂などの汚れは、表面を光触媒でコーティングすることでカバーしているが、付着した汚れは直ぐに分解されるものでもないので、やはりマメな拭き掃除は欠かせない。



[license check confirmed]

“…ライセンス照合確認…”

[data files decoding now]

“…データファイル解凍中…”

[please wait]

“…お待ち下さい…”

 

スクリーン上に浮かんだ文字とシンプルなステータスタイムバー。こう云うのは抜け目無いというか桃子の対応は素早い気がした…そしてその成り行きを背後から覗き込むのは思信だった…。既に桃子はシングルタイプのフルカラー式HMDのアイピースを、利き眼である右目に掲げて、コンソールスクリーンのデータと照合させている。その眼球を素早く移動させるチラ見の連続は、桃子の戦術担当士官としての仕事のスタイルだ…そして瞬間、瞬間の映像を彼女は脳内で再合成して、一つの画像に再構成しているのだ。コンピューターでレーダーやレントゲンの画像を蓄積・再合成する手法と一緒だ…シースルー式のELデバイスを使用しているのだが…幾らレズの集団といっても、彼女たちもP-21Aのクルーとしてそうするように一様に軍事訓練を課されている…その程度の所業は、他の一般隊員と同等以上のスキルを身に着けていた…。

 「…ウンムカスル?…」

 思信が画面を覗き込んでその文字に反応した。桃子の頭越しに見える彼女の一纏めにしたボリュームのあるヘア…その纏まりから零れた髪の繊維の一本一本が光のスリットになって、画面からの光に滲んだような虹が見えた…この瞬間の凛々しい彼女の姿も、思信には抱締めたくなる愛しい存在だ。でもその衝動は我慢、我慢…お仕事の最中だ…公私は弁えなければ…。

 「…上空からの偵察だってさ…」

「…へぇ…」

 周辺のエリアマップが呼び出されていた。今の現在位置が拡大され、飛行コースが指定されて、そして目的地上空であるウンムカスルがクローズアップされる。途中で航空自衛軍のKC-767Jから空中給油を受けるように指示があった。当面は隣国のクウェート上空とウンムカスル上空を、国境を跨ぐようにして周回しながら、偵察を行うことになる。

 「…任務追加ですか?…」

 そう云って桃子と思信の2人の輪に加わったのは、前方のコックピットからやってきた副操縦士の燕城寺麻弥2等海尉だった。機体の操縦は、オートパイロットに任せてある…。

 「…ええ、残業になってしまうわね…」

「…残燃料、残り33%です…基地への帰投分しかありませんけど…」

 翻って麻弥は、機長である思信に自分のコムツールの画面を指し出して見せた。画面には機体ステータスのモードが呼び出されていた…。

 「…それについては、空自さんの給油機から燃料補給を受けろとあるから…」

「…そうですかぁ…」

 指を銜えるようにして少々、残念がる麻弥。基地に帰って、宿舎での…スキンシップ…は、もう少しお預けのようだ…。

 「…あのぉ内藤1尉…」

「…なに燕城寺2尉?、藪から棒に…」

「…先ほどの思信さまとのお話ですけれど…」

 聊か気難しい表情を見せている桃子に、恐る恐る声を掛ける麻弥…今度はその次に紡がれることになる言葉に、桃子が恐怖する番だった…思信とのやり取りを聞かれていたのか?…。

 「…そんなに妊娠するのがお嫌でしたら…」

「…?…」

 一呼吸置いた麻弥の口ぶりがアグレッシブな皮肉めいたものに変化する…。

 「…じゃぁ、一番先にあたしが思信さまの赤ちゃんを産んじゃおうかな?…」

 麻弥が言った。それに桃子の顔が、一瞬、硬直する…。

 「…みんな内藤さんに遠慮してるのよ?…こんな若い身空の子宮を空き部屋にしとくなんて、宝の持ち腐れじゃない?…ひいては少子化大国の国有財産の空費に他ならないのよ?…」

「…国有財産?…ってあたしたちの子宮が?…」

 少々、憤ったような口調を麻弥に投げかける桃子。確かに自分は、国民と国家を護ると誓って軍人になり、自衛軍に雇われた公務員であり、給料は日本国政府の国家予算から支給されているし、この国有財産である航空機を使用しているが、自らの意思をして、自分を国有財産の一部とまで言えるほど、私は身を窶してはいない…桃子のプライドはそう叫んでいた。

「…明日の日本国・日本民族繁栄のために、少しでも人口減少に歯止めを掛けるべく、この子宮を使わなくてはならないのだわ!!、うん!!。あたしたちが軍人である以前に、女としてこの国民国家へ最大の貢献策は、母親になること!、ずばり繁殖行為なのよ!!…」

澄ましたように涼しい顔で云う燕城寺麻弥。ぽんと狸か相撲力士のように腹鼓を打つようにして口走った後半の台詞は、聊か胡散臭い、取って付けた感じがするが、繁殖適齢期の只中にある自分たちには、子宮を持て余す理由など何も無い。思信と自らの子供を子宮に宿し、産み落とすことは明らかに思信との一体化を図る上での大きなシンボリック・ステータスなのである。後半口にした産めや、増やせやの社会主義の極致みたいなスローガン地味た台詞は、あくまで二の次の話だ。例え子供を産んで、育児放棄したとしても、介護やセキュリティ向けに家庭に普及し始めているヒューマノイド・ロボットが親に成り代わって面倒を見てくれる…ただし新生児の教育係になれるほどに、ロボットはそこまでの知能は獲得していないが、知能の向上は日進月歩である…頼りなくても幼いころから生活環境に家電機器の一部として空間にロボットが入り込んでいる。これからこの世に生まれるであろう、彼女の子供たちは、生みの親は人間だが、育ての親はロボットを介したコンピューターである…そんな時代が到来していた最初の世代なのだった。

「…繁殖行為って言ったって…あたしたちは女  同士だから…」

「…ここのみんなは、全員レズだからこそ、計画的に子作りも出来るし、思信さまとの子供をみんなで産んで、本当の家族になれるんでしょ?…」

そう言い切った燕城寺…桃子や思信、当の燕城寺も違うけれど、他のクルーは多かれ少なかれ、その出身の家庭で私生児であるなど、冷遇された悲しい立場の出自だ。それがこの自衛軍に身を寄せたことで、そこに自分の居場所をそれぞれが見出すことができていたのである…。

「…子供を作るのは好い。産むのも好い…産んだ子供を育てるのに、育児休暇を取るのは好いけれど、それをみんな一斉にとろうなんて思ってるんじゃないでしょうね?…」

「…それは産んでみてからのお楽しみ。みんなで妊娠して、みんなで出産して、みんなで育休(育児休暇)を取れば怖くないわ!!…」

「…祖国防衛のお仕事はどうなるのよ?…」

「…あら?、未来の日本民族を存続させるために、私たちの子宮を使うことも、祖国防衛に尽くすことになるんじゃないのかしら?…それこそ男性兵士にはできないことでしょ?(←この燕城寺の台詞なんだけど、少々妊娠治療の技術を過小評価しているようだ。”子宮外妊娠”って言葉もあるように、受精卵が子宮以外に着床しないと妊娠しないという謂れは無い。男性の腹腔内に胚を移植し、妊婦と同じホルモンを投与してやれば、少なくとも妊娠状態は、理屈上は維持できる。ただし出産時に胎盤が自然に剥がれやすい子宮と違って、腹腔の様々な臓器に着床して胎盤が形成されると癒着が進行して剥がれにくくなる。これに伴う出血の危険性が親と子の生命のリスクと繋がるわけである。まぁこのリスク管理がうまく行かないから、レズビアン同士で子供が作れるこの時代でも男性の妊娠という行為自体は、中々浸透していないのだろう。)…」

「…むっ!!…」

燕城寺の強い意気に閉口してしまう桃子だった。先程の桃子と思信のささやかな濡場を経験していた姫百合が、いい加減で口を噤み、何時の間にかその筋から潤みも引いてしまっていた。思信と自分の遺伝子を引き継ぐ娘を残すことは、傍目から見れば、女同士のハーレム状態なのだが、これは男性性を排した女性優越主義の極致か、少女革命・処女セクト・百合原理主義等などの言葉尻を組み合わせた罵詈雑言が彼女たちの周辺で考え出されていた…。

「…女同士の子作りも好いけど、今は特別国家公務員としてのお仕事の方が優先でしょ?…」

「…だったら他のみんなは?…」

 ちょうど耳の痛い子ネタの話を切り上げる…はぐらかすようにネタがあることに気づいた桃子。バルコ06のミッション指揮官である立場もあってか、その物言いは些か頭ごなしに聞こえたかもしれない。何より散々にやり込められていた鬱憤もあったから、そのトーンは少なからず高圧であったはずだ…それに対する燕城寺の憮然とした表情は、思信の想いを重く複雑な思いにしていた…。

「…ほんとにみんなどうしちゃったのかしら?…」

 そんな何所吹く風に他人ごとに他のクルーを思いやる思信だったが、さてP-21A”バルゴ06”のクルーは全部で9名。機長である飯田思信1等海尉、副操縦士である燕城寺麻弥2等海尉、戦術作戦担当士官の内藤桃子1等海尉、センサーオペレーター担当士官の諏訪部麒麟2等海尉、航法通信担当の吉岡柴2等海曹、音響センサー担当士官の隼砥教子1等海尉、武器担当の佃島鳩子3等海尉、武器員の笠置秋2等海曹と、笠置紀2等海曹の双子姉妹の構成となっていた。今、思信・桃子・燕城寺の3人がいるのは、機内のオペレーションコンソールが集中する中央コンパートメントと、さらに前方にあるコックピットは、現在は自動操縦に切り替わっていたため、運用規則違反だが無人だった。後部コンパートメントは、ソノブイなどを投下するランチャーの装填部、簡易トイレとキッチンを含むギャレイがある。

「…ということは、みんな後ろにいるんだよね?…」

「…パラシュートで脱出してなければね…」

「…まーやは、コックピットに詰めてて…」

「…了解です…ミッションコース変更に備えます…」

 云うと、燕城寺はコックピットに、桃子と思信の2人は後ろに向かった。

 

(続く)
  1. 2007/01/01(月) 21:58:45|

2007年の初日です。(バルゴ06その2)

 

※ ※

 

さて溯ること約20分前…まだコンソールデッキの各ステーションには、内藤桃子以外のスタッフもきちんと詰めていた…。

「…以上でバルゴ06より定時連絡終了します…お疲れ様でした。アウト…」 

そういう言葉で司令部宛の圧縮データに締めくくりの言葉を被せたのは、通信士の吉岡柴2等海曹だった…後は手元の小さいコントロール・スクリーン上に、さらに小さく表示された[送信]の領域をクリックするだけで、データ通信は完了する。司令部とのデータ通信と言っても、要は普通の電子メールのやり取りだった。リアルタイムの無線やデータリンクも依然として重要だったけれど、妨害されて寸断されるより、必要最小限のデータだけをピックアップして圧縮し、小分けのデータパッケージとして交換する方が、暗号化圧縮・復号化・ファイル解凍などで処理に手間は掛かるものの、もっと大容量のデータリンクや通信衛星のネットインフラが、常時接続のせいで傍受や妨害の危険が常に付き纏うより秘匿性は高い…秘匿ラインとして画像や音声は圧縮してキャッチボールする手法が一般的に採用されている。通信の秘匿性は高いが、会話の合間にファイルの解凍時間が必要であるなど、細切れになりやすいリアルタイム性に難のある通信ラインだ…これが電話の会話などなら、ファイル解凍の間にどうしても会話が寸断されてしまうので、使用者の苛立ちを余計に加速させてくれるコミュニケーション・ラインと言えるかもしれない。そんな短時間のやり取りを済ませたら、吉岡柴は少しだけ全身の力を抜くために深呼吸をする…。

「…ふぅ…」

「…ゾクゾク…」

「…うっ?…」

吉岡柴はその感覚に思わずHMDのヘッドギアのつる(蔓)を思わず摘んでしまう。下腹部の奥底から背筋を抜け、脳髄を天へと開放させるぞくぞくするような感覚…それに突き上げられ、突き抜けたのである。それは物理的なバイブレーションによるものではなかった…もっと内からわく魅惑的な作用…とでも言おうか…。

「…あ、あぁ…」 
息が小刻みになり、身体もぶるぶる震える…彼女が頭に被るヘッドギアは、HMDのレンズスクリーンと、そして即頭部から頭頂部へ続く3つのラインバーに連なっていたが、たかだか片眼鏡の表示部分を支えるだけなら、頭を締め付けるようにカバーする他の2つのラインは必要ない。彼女たちは、”…サイコミュ・システム…”と呼ばれる脳深部磁気刺激装置のヘッドギアを被っていた。磁気刺激装置は、その2つの余分なラインバーに内蔵されている。それによって快楽中枢を電磁気刺激していたのだ。本来は長時間の勤務による疲労感や、眠気を緩和する覚醒マシンだ。それを刺激する部位を変えて、セックスの時の刺激を誘発させていたのである。磁気刺激を与えるべき脳の領域は側頭部から頭の天辺に掛けてだが、それも個人差や用途に応じて場所を変えなければならないため、位置を自由に調整できるように柔軟性の高いフレキシブルラインバーに磁気刺激装置を仕込んでいる。元々、このヘッドギアの名前、”サイコミュ”の由来はサイコミュニケーションの略称であり、心理(サイコ)と通信(コミュニケーション)を組み合わせた造語だったが、現状では電磁場による脳への刺激だけで、その名前が示すような双方向の心の会話は不可能という機能的には不完全な状態であり、将来的には本格的なマグネット・コーティングを施して、脳の活動をリアルタイムでスキャニングし、機体制御に用いるニュータイプ仕様とでもいうべき、ブレインスキャン対応ヘッドギアが研究されている。

「…あ!…」 
股座の花びらがほんのり綻び、じんわり蜜を吐き出したのが自分でも認識できた…吉岡柴は弾かれるように、イスから立ち上がると、そそくさと後部のレストエリアにあるトイレに向かうことにした…。
 「…どしたの?…吉岡2曹…」

 この場の管理人である内藤桃子1尉が自分のコンソールから、背後の吉岡柴を見た…。

 「…あ、あの…ちょ、ちょっとおトイレに行きたいんですけど…」

「…そう…お大事に…」
 些か慌てふためく吉岡柴に、桃子は別段とやかく喧しく言うことも無かった…そもそも日々のルーチンの中でも、特にしんどい状況ではないからだ…しかしそのクルーチーフの吐いた最後の台詞が、吉岡柴には耳に残った。自分に対して何を気遣ってくれたものなのか?…果たして自分の昂進した熱っぽさを見抜かれているのではないか?…そう思えてならなかった。でもそれは取り敢えずおいといて、早く性欲処理を済ませたいのだ…この火照りをどうにかしたい…そのためにレストエリアとオペレーションルームとの仕切り扉を開いて後部に向かった。
 「…柴?…」
 吉岡柴の2つ隣のセンサーステーションに座っていた諏訪部麒麟2尉。ふとそそっかしい相手の方を見やると、自分もそのまま席を離れた…心持ち、何時も自分に”…先輩、先輩…”といって懐いている甘えん坊の彼女が、こっちの気配にも反応することなく席を外したのが無性に気になったのである…。

 

※ ※

 

P-21A”バルゴ06”の機内は、前から大きく3つのコンパートメントに分かれている。一つはコックピット。2人の正副操縦士の領域。中央がオペレーション・コンパートメント。ここには各ミッションに特化したコンソールが4つ並んでいる。そこには指揮官である戦術主任、通信、武器管制、センサーの各担当者が座る。後方には武器エリアになっていて、ここからソノブイをはじめとして発煙弾、音響弾、照明弾などを投下する投下口があるのである。そして最後尾がトイレを含む休憩エリアであるギャレースペースになっている。そこへと吉岡柴は急いだ…最後尾にあるレストエリアにある休憩用の並列複座の座席には、2人がけのところに、武器担当の佃島鳩子3等海尉を挟んで、左右の両側に武器員の笠置秋2等海曹と、笠置紀2等海曹の双子姉妹が並んで座っていた。彼女たちとは一瞬だけ眼が合ったが、気にせず吉岡柴はトイレに駆け込む…両手に部下を持余すかのように抱えていた佐伯鳩子が、こちらを哀願するような眼差しを向けていて、眼鏡の奥の輝きが非常に切ない色彩だと言うことに、吉岡柴は気づいていても、構っていられる余裕など無かった…。 

「…シャッツ!!…」

化粧室とレストエリアを仕切る薄いカーテンを閉じる。そしてトイレに駆け込んで、中から扉に鍵を掛けると吉岡柴はそのまま洋式便器に屈するように前屈みになった。ちなみにトイレは簡易水洗式で、便倉タンクに汚物を収容するいわゆる汲み取り式のタイプだが、防臭効果が高いので、鼻につくほどの悪臭は感じられない。高温加熱乾燥処理で焼却処分に近いシステムも組み込もうと組み込めるが、火気はなるべく禁止だし、余計な電力を食うシステムは、あまり用いられない。

「…ん…んんっ!!…」

高まる性感に、思わず指を唇に結えるように咥えてしまう…吉岡柴を含めて搭乗員全員、飛行中は、飛行装具の着用を義務付けられているが、着用しているのは上下のフライトスーツだけだ。戦闘機やヘリコプターの搭乗員たちとは違って、それほどの重装備ではない。本来ならヘルメットから非常用の酸素ボンベ・サバイバルキット・バイオセンサー・防弾ベスト・ピストル・サバイバルナイフ、そしてこれだけ着込むと体温熱が篭り易いので冷却ベストを纏う必要があるが、緊急時以外は、それらは一切装備せずにフライトスーツのままだ。これはP-21Aのキャビンは与圧され、気密が保たれている旅客機仕様だからだ。そのジッパーを急き立てられるように降ろすと、左手では切なくなった胸をシャツの上から掻き毟るように、ズボンを律するベルトを外すと、もう一方の右手は自然ともどかしくてしょうがない股座に降りて行く…

「…はぁ…」

その溜息は既に熱い吐息となっていた。身長150㎝とクルーの中では一番小柄な吉岡柴。その身体同様に、そのボディラインもスレンダーである。小ぶりな膨らみには、頂上にかなりの硬度で、2つのポイントがぴんと自己主張している。その感度が敏感になった先端から送り出される甘いむず痒さが背後から脳髄に突き刺さる。

「…あ、湿ってる…」

そして静かに下半身の股座の其処に落ちていった右手…指先に感じられた生濡れの下着…フライトスーツの隙間から股間に差し込まれた右手はビーナス・スポットを被覆する下着の股布の部分が、しっとりと水分を帯びて、彼女の外性の起伏をしっかりと反映して伝えていたのである。そして肌と布の隙間からゆっくりと、指先を直接、ビーナス・スポットへと進入させる…その陰裂のスリット溝に沿う形で指を粘膜とホールの間で静かに動かすと、円らな陰核がフードから顔を出して自己主張をするようになる。そしてランダムな指の遊戯は、ラビアへの周期運動に変化し、ひょんなタイミングでビーナス・スポットのホール部分を自ら侵食することになる…そんな自分の性器への自己調律は、ほんの数分での自己陶酔の頂点を迎えることになる…。

「…くにくに…」

「…びくリッツ!!…」

その時、彼女は自ら跳ね上がったお尻が強かに扉に当たって、ロックが跳ね上げられて、施錠が解除されていることに気づいていなかった…

「…カチャリッ…」

背後のドアが静かに外に向かって解き放たれた。外開き式だった…そして性感の昂っている吉岡柴の気づかない間に、背後に忍び寄る影があったのである…。

「…ずるり…」

「…(!o?)…」

背後から少し強烈な力が加わる…それは吉岡柴のズボンへと加わっていた…。

「…先輩!?…」

「…ふふ…」

其処に居たのは、吉岡柴の最愛の女性である諏訪部麒麟その人だった。何かこちらを見透かしたような笑みを浮かべていた。ちなみに麒麟は、身長167㎝。その身長差は17㎝にもなる。何時も吉岡柴が見上げる存在の彼女は、頼りになるお姉さんであり、そしてベッドの上では、常に導き手であった…麒麟が思い切り吉岡柴のズボンを下げると、薄紅色のひも付きショーツが露になる。

「…しゅるり…」

ひも付きのショーツは、麒麟の指先に掛かると、簡単にその結び目は解かれていた…そして露になった吉岡柴のコケティッシュなお尻…軽いキスを尻たぶに浴びせながら、両手の指先を2つの肉塊に掛けると、そのお尻に一筋伸びるクレバスを寛げた。そこへ顔を押し付けるようにする麒麟。甘酸っぱい蒸れた湿度の高い匂いが、麒麟の鼻の粘膜を擽る。女が女のフェロモンの存在を嗅ぐ。その行為は動物的というより動物の本能行為そのものだ。姫百合と菊輪を包含するこのスリットがビーナスに形容されるすべての女性の持ち物だ。”…女に愛される女…”、吉岡柴にとって、今、自分が麒麟にされていることがその全てだ。これが受け手の心象ひとつで、”…女に犯される女…”に変わるわけだが、吉岡柴に関して言えば、相手がどう思っていようが、麒麟を慕う一途な気持ちに揺らぎはない。麒麟が吉岡柴以外の飯田や燕城寺らと夜床をともにすることがあっても、自分もそれに混ざったし、麒麟以外の女性とも肌を重ねた。それは単純にみんな同性の絆があるからだし、麒麟だけがみんなを味わうのは、不公平だと思ったからだし、それを逆にしないことは、このバルゴ06のクルーの中での無用の遠慮と言うものだ。要するに本命の彼女が居ても、クルー同士で女同士の絆を肌で確かめ合わないのは、失礼に当たるのだ…ここの処女宮はそんな共同体である。

「…くチュぅ!!…」

 粘膜と粘膜が衝突する何か熟れ過ぎた果実が押し潰れるようなノイズがした。麒麟は剥き出しになって、顔前に突き出されている吉岡柴の外性器にむしゃぶりついた。吐淫された密液を粘着質のノイズ音を立てて啜る。

「…ひゃう!!…先輩…あふ?…」 

思わず腰を引くようにくねらせてしまう吉岡柴。唐突とも思える行為に思わず慌ててしまうが、小ぶりな吉岡柴のお尻の間に顔を埋めながらクンニを続ける麒麟。そんな弾けるように瑞々しいお尻は、両手で掴みながら逃がさない。 

「…じゅるじゅりゅりゅ!!…」

「…あィ、いや、あふぅ!!…先輩!!…」 
元々が快眠キットであるはずのマグネバンドで、吉岡柴を欲情させるように仕向けていたのは麒麟だった。そんな彼女が今度は、その指技と口戯を駆使して、吉岡柴のビーナス・スロット…快楽のスポットの出入り口に…直接アクセスしていたのである。すると突然、吉岡柴のお尻から顔を上げた麒麟…。
「…先輩?…」

急に愛撫を麒麟に止められて、戸惑いを見せる吉岡柴だった…物欲しいのと、何を言われるか分からないことだった…。 
「…実際にあたしに弄られるのと、マグネバンドで気持ち良くなるのはどっちがいいの?…」

そう問い掛けながら、吉岡柴のビーナス・スロットに指を進入させる麒麟…。 
「…一緒にしてもらったら、2倍気持ちいいですぅ!!…」

「…えっちなことには、とことん欲張りなのね?…」

「…んはっ!?…」

思わず喘ぎが噴出しそうになるのを、唇をかみ締めて留めた吉岡柴。その時、麒麟の細長いしなやかな中指と薬指が、吉岡柴の取り分け小ぶりなビーナス・スロットをより深く刺し貫いた。小ぶりでもそこは女…純潔を捧げた相手に、今も変わらず愛されている、この至福の時間が、吉岡柴には何よりのオーガズムのエッセンスであり、2人の絆の証なのである。彼女のビーナス・スロットに潜ませた麒麟の指先は、スロットホールの只中にあるGセクション(スポット)を穿つストロークと、子宮系の震えに合わせた絶妙なバイブレーションを与えることが出来たのである。 
「…柴(まつり)…切ないなら、我慢しなくても良いのよ?…」

「…先輩…イヤ…ですぅ…」

麒麟は静かに立ち上がると、後ろから吉岡柴の身体をしっかと抱き止め、背後から彼女の耳元にそう甘く麒麟は囁きかけながら、その間中も姫百合…ビーナス・スロット…に、右手は差し入れられたままだった。その動きは、指にまとわりつく肉のうねりを乗り越えて、彼女の内部をまさに攪拌する動作に他ならない…そして荒くなる吉岡柴の息遣いと、腰の動揺…それが時に麒麟の右腕にも負担をかけるのだった…そっと麒麟は吉岡柴を背後から項をキスでなぞる…そして彼女の右耳を軽く食む…麒麟の左手は、背後から吉岡柴の小ぶりなバストを掴むように揉みつつ、右手は彼女の股座の姫百合に刺し伸ばされていた。思わず鋭い声が吉岡柴の口から衝いて出る…。 
「…ンあん!!…」

「…くちゅくちゅ…」

「…あ、はぁあ!…」

差し込まれた麒麟の指の律動が忙しくなると、吉岡柴の苦悩もやがて我慢の限界を超えて、極値へ向かおうとする…先ほどの切ない吐息は、より切迫的な息遣いに変化していた。相手を自分の手で追い詰めることが大好きな麒麟だが、この声がこれ以上、外部に漏れ聞こえるのも後味が悪いかもしれない…そう思って、麒麟は吉岡柴に口封じを施すことにした。麒麟はフライトスーツの上着のジッパーを下ろし、そのままTシャツをたくし上げ、ブラジャーを外すと、褐色の日焼け度の高いもろ肌を露出させた…そしてF近いボリュームの右房を吉岡柴の口元にそっと近づける…差し出された柔房を、吉岡柴は見紛うことなく、そのまま唇に含んだ。麒麟のその大きなボリュームを口の開口面積一杯に食む吉岡柴。理性を見失うほど高められる自分の性感に、それを少しでも戸惑わせてくれそうな魅惑的なものが、吉岡柴の目の前に表れたのである。それが麒麟のバストである…麒麟の乳房に吸い付いた吉岡柴は、執拗に口の中で、紡錘形の突端にある乳首をこね回す。傍目には、赤ん坊の乳母の役という感じなのだが、これが大きな赤ん坊では、単純に乳に吸い付いているのとはわけが違う。唇で舐(ねぶ)られて、歯列で嵌(は)まれて、舌先で突付かれて…それらの動きは、赤ん坊では中々合成できないものだ。思わず全身を覆う鳥肌のような背徳感に麒麟は仰け反ってしまいそうになる…。 
「…あっふん!…」

甘い鼻息が漏れてしまった麒麟。吉岡柴に乳首まで食まれて、乳腺細胞まで活性化してしまったのか、麒麟のボリュームの突端からは、真っ白な乳汁が滴っていた。未だかつて妊娠してもいないし、経験したこともない彼女だが、乳腺細部の活動が他人より活発なせいか、”…垂乳汁娘…”という状態にある諏訪部麒麟。このバルゴ06のクルーの中で、乳房から汁を出すのは、もう一人コーパイロットの燕城寺真弥がいるが、この2人はクルーの中でも、特に胸の大きな2人だったその乳腺の恵みの汁が、それほどの噴出量は無いのだが、吸い付く吉岡柴の喉を潤した…。 
「…じゅくじゅくじゅく!!…」

「…んんん!!…んんーっ!!…」

麒麟の右手が差し込まれた吉岡柴の胎内では、初期の粘着質な音から、より水分の含んだノイズに変わった。体液の分泌量が増しているのだ。そして麒麟の指を、キューッと包み込む子宮系筋肉の収縮。それは吉岡柴が一定の高みに達したことを物語るものだった。 

「…あ、いや…」

麒麟は早速、吉岡柴の中から指を引き抜くと、その恥汁塗れの指先を丹念に嘗めた…。 

「…嫌って何のこと?…」

何を言わんとしているのか分からない…そんな薄情とも思える表情で小首を傾げる麒麟は、さらに吉岡柴を性的に追い詰めることにした…麒麟は吉岡柴を改めて正面に見据えると、そのままわき腹など腹部にキスを繰り返しながら、彼女のむき出しになっているデルタゾーンへと接触させた。 

「…にちゅ…」

麒麟は吉岡柴に左足を掲げさせる…そこは片足を抱え上げた動作で、自然と引きつられるようにくつろげられた…吐蜜間もない吉岡柴の姫百合は、まだ合わせ目がほころびを見せていた。それを麒麟は両方の指先で、外の花びらから大きく広げる。そこに濡れ光る真っ赤な女の肉花が一輪咲いた…。 

「…ああ、先輩…いゃぁ~~…」

その吉岡柴の下腹部から股間の切れ込みに至る…ビーナスライン…曲線に、キスの愛撫を降らせる麒麟。しゃりしゃりした感覚が麒麟の皮膚や、舌先に敏感に伝わってくる…それは肌が荒れた鮫肌とは違って、短く刈り込まれた毛の剃り残しや、伸びはじめの硬さに似ていた。恥丘を縁取るデルタゾーンから陰毛の茂みが無いのだ。厳密に言えば、ちゃんと成熟した証に、薄めとはいっても生え揃っている。吉岡柴に局部の剃毛を命じていたのは、誰あろう麒麟その人であった…。

 

※ ※

 

佃島がオーガズムの余韻を愉しんでいると、彼女を導くために前後の肉孔に差し込まれていた秋と紀の2人の手は、さっさとスリットから引き抜かれてしまった。そのときの不満が、2人に遣り込まれ放題でいる日頃の彼女の鬱積に火を着けた…素早く…というには、些か緩慢ではあったが、ややもつれるようにして佃島は立ち上がると、2人に精一杯の強い命令口調を発た…。 

「…これより身体検査を開始する。全員、後ろで両手を組んで、額を壁につけ!!…」

強い命令口調の佃島。それは秋と紀の笠置姉妹に向けられたものだったが、これに意図せず隼砥が甘いブレスを漏らしながら率先して加わる。

「…あー、みんな持ち場にいないと思ったら、みんなで気持ち良いことしてるぅ!!…」

そう素っ頓狂に云ったのは、音響センサー担当士官の隼砥教子1等海尉だった。クルーの中では一番年長の三十路なのだが、その言動はつとに幼い印象を与えるものだった…その縁なしフレーム眼鏡からは、何時にない鋭い眼光で、秋と紀を見据えていた佃島だったが、それに一番、魅入られていたのは、隼砥だった…彼女はこれから起こるであろう、出来事への期待一心に勝手に眼をうっとり潤ませていたのだ…。 
「…検査開始だ!!…」

「…は~ぃ!…」

「…え?…」

「…鳩子先輩?…」

そして余勢を買って佃島は、3人のズボンをずり下げた。隼砥は能天気に、秋と紀の羽鳥姉妹は、攻守のポジションが完全に入れ替わっていることが、少々違和感を抱いているようである。 

「…へぇ…こうしてみるとまるでお尻の品評会をしてるみたいね…」

丸出しになった瑞々しい白桃が3個。左右両翼に秋と紀の笠置姉妹。2人にサンドイッチされる形で、隼砥が川の字に並んだ…そして厭らしい。 
「…散々、私のことを弄んでくれたわね?…ほんとにどうしようかしら?…」

「…バチン!!…」

「…んっつ!!…」

一転、その秋を見据える佃島の眼には、サディスティックな光が満ち満ちていた。 
「…何を期待しているのよ!?…一番年上のくせに!!…」

「…バチン!!…」

「…あぁん!…」

次に一撃を食らわされたのは、期待に胸を躍らせていた隼砥だった…正直、こういう環境でのこういうプレイって大好き…萌えるの…。 
「…あなたも私にこういう展開を期待していたのでしょう?…」

「…そんなの…してません!…」

「…誰が言葉を返して良いと言った!!…」

「…バチン!!…」

「…んっつ!…」

最後に口答えした紀に一際、大きな張り手を喰らわせた佃島。秋、紀、隼砥の3人の白桃のようなお尻には、佃島のバッシングによって朱印のように佃島の手の烙印が刻み込まれていく…。そして彼女たちの姫百合は、期待にほころびを見せ、じんわりと開花に向けたプロセスを歩んでいた…。

 

※ ※

 

「…あん、はぁ!!…」(←麒麟の甘い声…)

「…ああぁん!!…」(←吉岡柴の喘ぎ声…)

「…あぁいい!!…」(←隼砥の淫な声…)

「…やぁん!!…」(←笠置秋の乱れ声…)

「…んぁはぁ!!…」(←笠置紀の荒い息…)

「…んんn!!…」(←攻勢に転じた佃島の息遣い…) 


後部キャビンの隔壁ドアを開けたその向こうには…女だけの酒池肉林の光景が広がっていた。一種異様だったのは、女だらけの切なく甘い嘶きが部屋中に満ち溢れていることだったが、吉岡&諏訪部ペアは、吉岡が上で諏訪部を下にして、床に折り重なった巴の69の体位だったし、笠置の双子姉妹+隼砥vs佃島のハンデマッチでは、佃島が他の3人を壁に向かわせて、両手で2人の穴倉を手篭めにし、真正面に見据えた白桃深くに、顔をねじ込むようにして、相手のビーナスポットにアクセスしていた…。

「…(!o*)…」

「…みんなで何してんの?…」 
その光景に思わず絶句する内藤桃子と、ようやく言葉を繋げる飯田思信。2人とも程度は違っても、呆れてしまっていた…そもそもここのクルーの生活リズムは、”…性生活、時々、食事と仕事…”という具合だった。何よりそれを最優先で実行しているのが、機長である思信だったわけだから、あまりここでの有様に上等な文句を言える立場には無いのだが、それでももう宴に人的リソースを費やすことの出来る状況にはない。

「…あなたたち、即刻、持ち場に戻りなさい!…」 
桃子は踵を思い切り床に打ちつけながら、びしっと指を指して、各自の思考を仕事モードに切り替えるように、有無を言わさずの態度である…この場では、生活指導の先生か、風紀委員のような役割を演じてしまう桃子だ…。
 「…え~~~…」

とは、隼砥だった。まだオーガズムを感じる途上にあったのに、桃子たちのお陰で、梯子を途中で外されたようなものだからだ。 

「…スキンシップは止めにしてさ、みんな早くポジションに就いて。急ぎの仕事なのよ…」

 そうみんなに諭すように促す志信。そしてじゃれあうように、絡み合っていた女たちは、三々五々、解散して持ち場に戻ることになる…。



(続く)
  1. 2007/01/01(月) 21:17:29|

2007年の初日です。(バルゴ06その3)

 

※ ※

 

サウジアラビア沖ペルシア湾上空、6500m。周辺の公海上を航行する船舶を監視していたP-21Aに給油を行うため、クウェート上空より南下してきた航空自衛軍所属KC-767 J”フューリー22”。その機内である。コックピット後方右舷に設けられたブームオペレーター席で大神小百合1等空尉は、

 

「…ふぅ~~…」

 

と溜息を付いた…KC-767J”フューリー22”とP-21A”バルゴ06”のランデブー。KC-767Jの乗員は機長・副操縦士・給油オペレーターの3人。機長は鷲見雛1等空尉、副操縦士の弓梢朋衣3等空尉、給油オペレーターである大神小百合1等空尉の運用に必要な最小限のクルーチームで構成されていた。彼女たちは既にイラク南東部で、イラン国境の哨戒飛行を続けるフライングタイガースのF-15IR及びF-16Eに燃料を提供していた。そしてその残りをバルゴ06に供給しようと言うのだ…予定ではもう帰路に就いていたはずだったのだが、その前にスケジュール外の給油が入ってしまった。 

「…こちら海上自衛軍所属”バルゴ06”です…”フューリー22”聞こえますか?…」

 

そんな音声が大神のヘッドフォンにも届いた…どうやらお客が近くにいるようである。 

「…こちら航空自衛軍所属”フュ-リー22”です。”バルゴ06“、明瞭に聞こえます…」

 

そう答えたのは、副操縦士の弓梢朋衣の声だった。この給油機のクルーもまた女性のみだった。

 「…そちらの左翼後方7時方向、3000mほど後方に占位しています…」 

そんなコックピットとのやり取りを耳にしていた大神は、再び空中給油のルーチンをこなす準備に取り掛かる…先ずは夜間給油に必要な機外の照明灯を点すことにした…。

 

※ ※

 

夜間照明のために照度を落としたP-21A”バルゴ06”コックピット内部…ヘルメットの眼前に装着した4つ目の微光暗視装置によって視界を確保していた。昔のものに比べて光電子増倍管も半分以下の厚みであり、片方の視野を2つで確保し、画像はOLEDスクリーンで一纏めに表示する形式だ。通常の2つ眼に比べて倍近い120度の視野を確保できるのだ。 

「…ここら辺りがランデブーの空域だけれど…」 

副操縦士の燕城寺と、機長の思信は、天井から吊り下げ式のオーバヘッド型HUDを眼前に下ろした。この視野に外部の合成画像が映し出される。 

「…あ、見っけ!!…」 

先に相手の機影を見つけたのは、以外にも左の機長席に座っていた思信だった。筋雲の合間から機影とともに、規則的なフラッシュを繰り返す機外照明が垣間見えた…。 

「…右翼前方…こちらから見て1~2時の方向よ…」 

云うと燕城寺は、 

「…こちら海上自衛軍所属”バルゴ06”です…”フューリー22”聞こえますか?…」 

そういって、航空自衛軍とのKC-767Jに呼びかけ、相手との通信ラインを開いていた…。 

「…こちら”フュ-リー22”です…機外照明からこちらの位置が判りますか?…」

「…ええ、見えています…」 

コースを維持したままのKC-767Jに、P-21Aは少しずつ、横にスライドするようにしながら空中給油機の真後ろに遷移した…。

 

※ ※

 

コックピット直後のRORO(遠隔制御燃料供給)ステーションで、再びHMDを被りなおした大神。ここに遠隔視野システム(RVS)という外部画像センサーからの映像が映し出される。立体的なビジョンで給油の様子を映し出すことが出来る。そこには、そろりそろりと慎重に、後方に進出してくるP-21Aの機体が大写しになっていた…。 

「…指示誘導灯を点灯…」 

こうすることで、相手にもこちらとの相対位置が判るはずだ…。 

「…給油ブーム展開…」

「…ウィーム…」 

尾部に装備されている空中給油の要であるフライングブーム…要するに空飛ぶホース…が、給油ポジションに降りてくる。後は相手の機体がこの真下に来て受油口を開き、そして最後にこちらからフライングブームの中に収容されている給油ブローブを伸ばし、その相手の受油口に挿入して燃料を送り込むことになる…。 

「…相対位置よし…」 

互いの速度と高度が一定して初めて、フライングブームに収められていた給油プローブを伸ばし始める。その操作はコンソールに座った大神が、左右の手でジョイスティックを動かしながら微調整を行う。ブームを風に靡かせながら、風にブームを乗せる作業…そして相手とドッキングさせるのが、フライングブームの給油の作業である。それと真逆になるのが、プローブ&ドローグ方式だ。先端に受け口の付いたホースを伸ばすのだが、これは相手がこの受け口に機体に備わったプローブを差し込む。こっちはただ給油ホースを伸ばして安定飛行するだけだ。目の前に展開される映像は、暗闇にボンヤリと光るP-21Aの機体上部が見えていた。コックピットの機体上部には、空中給油の受油口、空中目標監視用のAIRBOSSと呼ばれる赤外線画像センサー、衛星通信アンテナの各ドームが並んでいたが、機体の上部だけでやたらと起伏のラインが多い飛行機だと思った…レーダーステルス性やら機体表面の気流の流れの乱れなどで、何かしらの不都合が発生しそうだが、そこまでステルス性や機体表面の整流も厳密には求められていないのだろう…それはよりで高度な残存性と機動性を要求される戦闘機などを基準とした話だ…ある意味、戦闘機のような力学的に洗練されたスタイルの対極に位置するのが、この手の旅客機のスタイルだ。 

「…給油プローブ伸長…」 

P-21Aの受油口の扉がぱっくり開いて、その内部に隠されていた受油口のホールが現れた。ホールは赤い光を放つ、OLEDの発光体で縁取られていた。その穴目掛けて慎重に延びていく給油プローブ。旨く差込が出来たところで、赤い光がグリーンに変わった。これはドッキングが成功したことを意味していた。 

「…給油プローブ差込完了。送油開始…」 

大神の仕事の山場は、ここに終わった…。

 

※ ※

 

燕城寺は、HUDに映し出される合成された強化画像を見ながら、ステアリングを握っていた。先ほどまで彼女に夜の光景を見せるため、眼前に掲げていた微光暗視装置は、跳ね上げてしまっていた…。 

「…もう少し、もう少し…後もうちょい…」 

その画像には、KC-767Jの尾部から伸びる給油用フライングブームが映し出され、その胴体下部前部には、相対ポジションを把握するための指示誘導灯が設けられている。この表示灯の中央に位置すれば、グリーンのライトが見える。これを頼りに自機の姿勢微調整するのである。後はこの位置をフライトコントロールのコンピューターに記憶させれば、自動的にこの相対ポジションを維持し続けるが、そのための情報は、画像センサーから齎されたものだ。受油口はキャビンのほぼ真後ろに位置するため、コックピットからは死角になるのだ。 

「…給油プローブが伸びてきた…」 

そのことが映像で判るほど、コクピット上部に仕込まれたカメラが、その位置計測の役割を担う…。他にもP-21Aでは、画像センサーが随所に仕込まれている。外部の状況認識を高めるため死角を減らすために視覚センサーを配したのである。これは旧来の光学式ミサイル警報センサーの代わりになっている。それは機体のノーズ左右及び、後部左右の4箇所。胴体中央下及び、上面に相手の光学式センサーの目を眩ませるレーザージャマーが2箇所。機首下に水平目標索敵用の赤外・可視光を用いた電子光学(EO)センサーがある…。 

「…ゴツン!!、コンコンコン…」 

受油口にプローブが差し込まれた…。 

「…燃料の給油が開始されたみたい…」 

思信が燃料表示を見ながら呟いた。コンソール・ディスプレイに表示されていた燃料ゲージ表示が少しずつ回復している。その間、他愛の無い世間話を空自との間で潰そうとした…。 

「…そちらも災難でしたね…私たちに燃料補給なんて…」

「…いいえ、わたしたちのフライトは、これで終わりですから、それよりあなたたちの方が、これから過重労働になるんでしょう?…」 

その相手の声が思信の耳には、聞き覚えがあった…鷲見雛1等空尉だ。そもそも自衛軍航空部隊の展開先は、クウェートの航空基地であり、そこでは陸海空の分け隔ては無い。 

「…そうでもないですよ。ウンムカスルの上空をフライパスするだけですから…」 

口で言ってみたほど、そう簡単に終わるものでもなかろうとは、思信も予想していたが、それでもミッションは燃料補給分の延長2~3時間程度で交代せざるを得ないと思っていた。既に7時間以上の飛行時間を重ねているからだ…まだ交代のミッション・クルーは、発進準備できていないのかもしれないが、それでもこちらには肉体にも、機械にも物理的な限界がある。休息は是非にも必要だからだ…いくら眠気をサイコミュシステムで、吹き飛ばすことが出来ても、肉体的に蓄積された疲労も、何れはサイコミュの磁気刺激でも吹き飛ばせなくなってしまうだろう…。 

「…こちらのお腹も底を着いたみたいね…」 

ヘッドフォンの向こうで給油オペレーターの大神の呟きが聞こえた…。 

「…給油終了…残燃料72%にまで回復しました…」 

燕城寺が思信に伝えた。コンソールに目線を落とすと確かに燃料ケージの上昇は停止していた。

 

「…ガツン!!…」

 

そんなくぐもった音と振動が機内に響いて、給油プローブが引き抜かれると、 

「…幸運を祈ります…」

 

その一言で”バルゴ06”との交信を締めくくった”フュ-リー22”…

 

「…それではご機嫌よう…」

「…ご機嫌よう…」 

そんな返礼を”フューリー22”に返した思信だったが、変に気取ったものではないにしろ、何だか昔過ごした女子学校時代のような呼吸が甦ってきて面白かった。その後、何事も無かったように,KC-767Jは基地への帰還コースに就き、P-21Aはそのままウンムカスル沖へと針路を向けた…。

 

※ ※

 

P-21A”バルゴ06”がウンムカスル沖上空に進出するのに、それほど時間は掛からなかった…

 

「…桃子、見えてる?、2時の方向…」 

機長の飯田思信1等海尉がコックピットからキャビンの中に居る戦術担当士官の内藤桃子1等海尉を呼び出した…桃子はコンソールのスクリーンに外部画像として転送されていることだろう…。

 

「…ええ、はっきりとね…あれって高度どれくらいかしら?…」 

思信はコックピットの窓の外に、空中にレーザー光のかがり火で、

“SOS” 

のプラズマ化された青紫色の大きな文字群が、夜空の中にあっては一際明るく犇めいていた。それをP-21Aは高度約2000mから右斜め前方に見ていたが、光の文字は上空5~6000mくらいにまで到達しているように思える。吹き抜ける中東の風が運んでくる砂塵なのか、レーザー光のカーテンに埃が吹き抜けていくのが判る…そんなところへ直接機体を晒すようにダイブする気は、さらさら起きなかった…だから言われなくても、”バルゴ06”は遠目に眺めることしか出来ないのである。

 

「…施設周辺のレーダースキャンを開始しますか?…」

「…お願いします…通信士は衛星及びデータリンクを開いてデータ送信準備…この高度で好いから飛行コースはゆったりとお願いね…」

「…通信士、了解です…」

「…コーパイ、了解です…」 

センサーオペレーターの諏訪部麒麟2等海尉、通信担当の吉岡柴2等海曹、副操縦士の燕城寺麻弥2等海尉らに指示を出す桃子。コクピットでP-21Aのハンドリングを担当していたのは燕城寺麻弥2等海尉だ。バーベルのように陸と海の端境で、対になって横たわる核処理施設と淡水化プラントを、機速を300ktまで落としてゆったりと周遊するように旋回飛行する。施設エリアを直接、通過するようにフライパスすると地上からの対空砲火に晒される危険性が付き纏う。 

「…砂嵐が起きてるみたいね…砂の量はそうでもないか…」 

機長席で思信は、ウェザー表示にしているサイドパネルのマルチスクリーンを覗きながら呟いた。その中では気象観測チームからの天気予報と、機首に装備するレーダーで得られた気象画像が重ねあわされている。思信がタッチパネル画面をなぞるまでも無く、内陸部から砂塵を運ぶ貿易風が、ここウンムカスルからアラビア海にまで連なる赤いベクトルで示されていた。P-21Aの機首に装備するJ/APQ-21(V)3は、索敵レーダーであるとともに、ウェザーレーダーの役割も果たす…上空には砂漠からの砂塵を巻き込んだ砂埃が降り注いでいて、どうしても飛行高度をその砂塵が海に吹き降ろす高度より高めに変更せざるを得なかった。ただし吹き込む砂塵の量は、P-21Aのフライトに何ら影響を及ぼすものではなかった(←つくづくご都合主義…)。

 

「…内藤さん…レーダー画像上がりましたけれど…」

「…ありがとう…そのまま赤外線によるスキャンも継続してください…」

「…センサー、了解です…」 

その気象レーダー機能とともに、上空から施設周辺を一度周回しただけで、レーダー電波による施設の合成映像が静止画像のCGで、桃子の目の前にあるミッション・コンソールのスクリーンに表示される。その間約10数秒。描出された模様は、思信もコックピットのサイドパネルで確認する。P-21Aのコックピットのコンソール・スクリーンは、水平儀や機体の姿勢や針路方位といった基本表示(プライマリー・ディスプレイ)用の縦長のカラーコンソールが2面ずつ、パイロット2人分用意されており、中央にエンジンや航法マップなどの付帯情報を表示(セカンダリー・ディスプレイ)する同じ仕様のスクリーンパネルが4面あり、各パイロットのサイドパネルには自由に使える多目的用のマルチスクリーンが一面備わっている。 

「…艦隊へのデータリンク及び、司令部への通信衛星ライン接続完了です…」

「…了解…ライブでのデータ送信開始…」

「…了解です…直ちにデータ送信開始します…」

 

コミュニケーションラインを開いたとの吉岡柴の知らせが桃子の耳に届いた時、溜まらず放っておかれた方が口を開いた…。 

「…桃子ォ~~…あたしにやることは無いのォ?…」

 

とその場の空気を突然、弛緩させるような口調で言い出したのは、音響センサー担当・隼砥教子1等海尉だった。 

「…サイコミュ・バンドでも使ってしっかり目を覚ましてください!!…」

「…あ~ん…さっきの続きしたいなァ~…」

 

子供っぽく駄々を捏ねる隼砥に、桃子はついに堪忍の緒が切れた…。 

「…もぉ!、だったらそのエッチな気分を、さっさとサイコミュで冷ましなさい!!…」

「…うヴ…」

 

桃子を前にして、唇を尖らせて少しだけ拗ねてみせる隼砥だったが、そもそも脳への磁気刺激で眠気を取るサイコミュ・バンドは、単なる覚醒機材だ。サイコミュの由来であるサイコミュニケーション…脳の神経活動を磁気スキャンして、互いの心のやり取りを行う…性能は、まだ実現できていないから、今の時点では完全に名前負けしている。 

「…ふーん、いいもーんだ。桃子が冷たいから、麒麟ちゃんと仲良くしちゃうんだから…」

「…隼砥1尉…」

「…むっ!!…」

 

云いながら隼砥は、隣席の麒麟の右腕にわざとまとわりつく…それに麒麟は少々迷惑顔だったが、それ以上に吉岡柴はむっとした顔をしている。といっても隼砥は、HMDのアイピースを眼前に下ろしながら、スタンバイモードで眠っていたスクリーンを起動させて、即座に赤外線画像センサーからのモニター映像を映し出した。これはレーダー関係のオペレーティングに忙しい麒麟のバックアップ作業に他ならない。はなからそうしてくれれば、こっちも助かるのだが、桃子も桃子で隼砥に指示を出さなかったせいもある。そもそも隼砥が担当するのは、海面下の索敵に使用する音響センサーがメインだが、それはあくまでチームのポジションの話であって、ワンマンもしくは無人運用が基本の空軍の戦闘機とは違って、哨戒機はクルーの結束したチームプレイが要求される。その点は臨機応変に何事もこなしてもらわねばならないのだが…隼砥は、桃子からの指示を待っていたのだが、一向に出してくれないので痺れを切らした隼砥がからかい半分に桃子に自分から言い出した。それは桃子に少しでも構って欲しいという心根に他ならなかった…それでも仕事になれば、弛緩した口調も止めざるを得ない。 

「…赤外線計測画像…地上施設に熱源を帯びたオブジェクト多数…もう既に先客が居たの?…」

 

隼砥はレーダーの情報を補完すべく、機首の下に装備されている電子光学(EO)ターレットを、ターゲット方向に向けて指向した。地上施設側の熱源だけで2~30の目標にカーソルコンテナが重なる。それらは明滅を繰り返していた。こんな状態ではコンピューターも自動的にロックオンモードを継続できない。それは対象が物陰に隠れたり、機体の移動でカメラの死角に入ったりとするからだが、数が予想より大きいことにそう感嘆を漏らす隼砥だったが、熱源は広範囲に散らばっている…このどこかにズームアップすると、その撮影範囲が狭まってしまうことになる。敵を攻撃する照準用にズームアップするわけでもない。ただ状況を把握するためには、広角画像が必要なのだが、今のミッションは対象施設の様子を見下ろす偵察監視飛行なのだ。その任務の性格に基づく倍率を選択しなければならない。 

「…地上施設で爆発的熱放射を確認!…」

「…内部からの爆発かしら?…」

「…よく判らないけれど、尋常じゃない…」

 

そんな会話が隼砥と桃子と思信の間で繰り広げられていた時、新たにP-21Aの索敵センサーは空中目標を確認した…。 

「…11時方向、相対距離25000m、高度600m、予想針路2-8-4、速力約90ktで空中に四機のヘリコプターの編隊を確認。うちの艦載ヘリ部隊みたいですね…」

 

麒麟が云う。緩い左旋回に入っていた機体の傾斜に合わせて、隼砥はそれらに向けて今度は、機体上部にあるAIRBOSSセンサーを左斜め前下方に指向させる。マルチスペクトルの赤外線センサーが首を振り、その視野に目標を取り入れた。対象の詳細な形状が画像認識できるようにフォーカスアップを繰り返す。見慣れたその特異なローターの形状から、SH-60K+だろうと思われた。空中のヘリコプターは味方の護衛艦隊から発進したSH-60K+。他にも海上には、水上目標が大きいもので2つ。”バルゴ06”を中心にした30㎞のエリア内に存在を確認していた。先ほど地上施設の静止画で合成イメージを得たように、逆合成開口モードでCGイメージが合成された。一つは貨物船。前部にブリッジを備え、中央はコンテナや貨物を収容するための2基の門型クレーンが設置されており、甲板はブリッジの前と後部甲板はヘリポートとなっていた。これはヒシザキ所有のテンペスト号。そしてもう一つは、味方の海上自衛軍の汎用護衛艦DD-161たかつき級の一隻であるよいづきの艦影だった…空中目標をサーチすると同時進行で、地上及び水上目標のサーチも同時に行われる。これも電波ビーム発振がコンピューター制御のアクティブ・フェイスド・アレイ・アンテナを持つJ/APQ-21(V)3のなせる業である…。

 

「…空中目標に向け、IFF(敵味方識別)信号、自動送信します…」

「…吉岡2曹、送信状況はどうです?…」

「…伝送レートが若干低下していますけど、ライブ送信中です…」 

桃子の問い掛けに吉岡柴が見るHMDのアイピース内の表示から読み取った…20Mbps伝送レートを確保しているとしていたが、実際上はそれも半分以下に低下していた…ビジー状態によりラインが先細りとのネットワークのコンディションが、数字とグラフィックで示されていた…。 

「…空中目標、SH-60K+スーパー編隊のIFFコード送受信終了…」

吉岡柴のコンソール・スクリーンにCGマップをベースにした戦術状況ウィンドウ画面では、IFFでの照合結果によって味方と認識されたSH-60K+には、飛行物体を示す三角に、味方の青いサークルで囲まれたシンボルとコードが割り振られて表示されていた。そのマップに新しくターゲットとして知覚された熱源が加えられていく…それに新しくIFFの敵味方識別の交信が終わって、P-21AとSH-60K+の編隊が交差する…ロックオンしていたSH-60K+のオートトレースは、P-21Aの機体上部のAIRBOSSセンサーから機首下部の電子光学ターレットへ自動的に引き継がれる。そのうちウンムカスル上空に到達したSH-60K+の一機が核廃棄物処理施設上空に進出する…。 

「…SH-60K+、ウンムカスル上空に到達…スーパー61降下開始…」 

地上施設の模様をスクリーンで監視していた麒麟が実況した。ホバリングしている機体から、細かな熱源がばらばらと放たれた。降下した陸上自衛軍の機械化歩兵・サバイバルギアの兵士たちだ。 

「…陸自の機械化歩兵のお出ましね…」

「…地上の熱源間に交戦を確認…」 

飛び出した熱源。それらが展開した時に、地上に元から存在していた標的が対峙する…後続機がホバリングを開始するかしないかの時、大きくブレイクしたSH-60K+は、左翼から鋭い熱の一線を走らせる。ミサイルを放ったのだ。それを地上の敵目掛けて放った模様だが、 

「…空中でミサイル爆発!!…」 

迎撃されてしまった。そしてミサイルを放ったSH-60K+は、そのまま地上の核施設への建屋を掠めるようにして施設上空を横断した。 

「…早速、派手にやり始めたわね…」 

地上の様子をいぶかしむ思信。これに桃子も応じた…。 

「…吉岡2曹、艦隊司令部への通信用意…エリア全域へのデータ配信を進言…」

「…了解なんですけど…」 

桃子に命令された吉岡柴は、早速指示を実行しようと思っていたのだが、HMDのアイピースには通信ラインの一方通行の状況が表示されていた…著しいネットワークの発達で、やり取りするデータ量は格段に増えているのだが、表示装置などに関して言えば、取り立てて大きな変化は無く、相変わらずなのだ。以前に比べて変わったのは、乗員の方だ。彼らは骨伝導ヘッドフォンに骨伝導マイクの付いたインカムに加えて、片眼鏡式シースルーHMDのアイピースを掲げた状態で、従前のコンソールに向かう姿が多くなった。インカムによる音声入力が可能になったが、これは音声をリアルタイムで文章化するボイスチャットや、同じくリアルタイムの自動翻訳には欠かせないが、機械とのやり取りに人間同士の話し言葉が介在すると、余計な混乱を現場に招くことから、それほど利用は進んでいない。このように些か飽和状態にあるデータを個人レベルで租借しようというコンセプトの元に、ウェアラブル式の携帯情報端末の普及を推し進めた。しかしその携帯コムツールが一つのテクノロジーの終局であり、爛熟期であった。その次のステップとしては、当然、情報機器そのものを、脳に新しい人工感覚器として直接コネクトさせる電脳化を含めた埋め込み方式(インプランタブル)になるのだが、電脳化技術の課題や、社会的な制約が大きく、中々思うように進展していない。 

「…了解だけれど何?…」

「…送信は可能ですが、艦隊司令部側の通信ラインがうまく開きません…」

「…それってどういう?…」

「…さっきからずっとだったんですけど、受信側の応答がないんです…」

「…電波妨害(ジャミング)を受けている?…」 

桃子が電子戦(ESM)のタスクをスクリーン画面に呼び出していた時、隼砥は試しに機体上部の画像センサーの首を振らせてみた…夜空にはアラビアンナイトの星の縮図が背景として横たわっていた。AIRBOSSセンサーは、元来、高硬度から敵国領内から発射される弾道ミサイルの熱源を探知することを目的とする高感度の赤外線画像センサーだったが、旧来の2波長赤外線センサーからP-21Aのそれは幾分バージョンアップされ、高感度可視光カメラとミサイルのレーザー追尾センサーが組み込まれている。索敵範囲は時刻や大気状況によるが、1~200㎞内外とされているが、大気汚染物質、火山の噴煙、オーロラや、稲光に伴うスプライトと呼ばれる発光現象を探知できる。そんなAIRBOSSセンサーが機体の真後ろ上方に首を振った時、斜め上方にうっすらとした帯を確認した…それは大気中を漂う汚染物質の帯のようでもあるが、規則的に棚引く様は航空機のブラスト・コントレイルに似ていたし、何よりP-21Aの真上に流れるのは可笑しかった…つまり人工的に思えた…。

「…機体の6時方向に特異な反応…」

「…特異なって?…」

「…私たちの機体の真上に棚引く帯の様子が人工的に見えるの…」

「…その根元をズームアップして見て!!…」

「…高度4000m付近に見えた!!…」 

隼砥はスクリーンに映し出していたブラストの帯を指先でなぞりながら、AIRBOSSの焦点にその根元を辿らせる…高度差で云ってP-21Aの2000m上方に見えたのは、前緑のV字と後緑のW字が組み合わさった見慣れたシルエットだった。QF-45シリーズである。航空自衛軍も国産機の開発の遅れからUF-1として導入した経緯がある。ターゲットを改めてイメージ処理で認識したコンピューターは、カーソルコンテナを重ね合わせた…遮るもののほとんど無い空中で、この距離に近づかれても気づかなかったとは、ほとんど致命的だ。相手がその気なら、こちらは当に殺られている…。 

「…QF-45タイプみたいですけど…」

「…あれって味方の奴?…」

「…IFF信号には反応無し…」

「…この距離でも見え辛いなんて…米軍のRタイプなのかしら?…」 

思信の問い掛けに吉岡柴が否定し、桃子が機種の同定しようとする。コンピューターが画像から種別を認識できても、それはグループ分けであって詳細なタイプまでは判らないことが多い。桃子が云った”…Rタイプ…”ことQF/V-45Rの”R”は、”Reconnaissance(偵察)”のRであり、無人偵察機として、そのステルス性の追求をより深めることで、サバイバビリティの強化を図っている。機体形状はベースタイプと基本形は同じままだが、電波反射を増やす可動翼の使用を減らすために、翼の断面をアクチュエーターの力で内側から変形させ、機体を操縦する断面形状変形翼を採用。ただしこの手法は、急激な機動は出来ないので、緩やかな遷移飛行など使用場面は限られる。逆位相電波を用いるアクティブ・ステルスは、電源確保の問題から採用は見送られている。可視光に関しては、機体全体に薄膜のOLEDによる表示アレイと、微細なカメラによる撮像アレイからなる電子光学迷彩を施している。ここに周囲の景色を映し出して、周りの風景に溶け込むのである。エンジンには、エンジンノイズとは逆位相の騒音を合成して流すことで、ノイズの低減を図っているほか、赤外線に関して、排気ノズル部分に大きな切れ込みを作ることでエンジンの排気に冷たい外気を取り込んで温度を下げる工夫をしているが、それに加えて気体に液体窒素のタンクを内蔵し、その窒素ガスを混ぜることで、さらに排気温度の低下を企図している。自衛軍が装備していない最新のRタイプはあまり表に出ることが無い。ここで得た排気の熱パターンは今後の参照データになるだろう…。

 「…機体6時方向下部にも同じく無人機です!…」 

隼砥は機首下部に装備された索敵ターレットも同じように機体の後方に向ける。上と同じように高度さのあるP-21Aと平行する熱の帯があって、その帯の発生の元を辿ると、今度はそこにコイのような機体…QR-21モーフ…がいたのだった。正面形状はY字断面の機体。中央に逆三角形の空気取り入れ口が大きく口を開け、機体の主翼は逆W字のガルウィング。これは折畳みの主翼である。QF/V-45Rと同じようにこちらからのIFF信号には応答が無い…種別上は無人戦闘攻撃機(UCAV)に分類されるQR-21モーフだが、QF/V-45Rに比べれば小型で光学迷彩などの徹底したステルス能力は付与されていないが、機体形状は無人機としてはベーシックな全翼機である。この機体が特別なのは、潜水艦の垂直ランチャーに格納され、水中から発射可能なように設計されていることだ。回収も水上に着水して潜水艦の発射管に引きずり込まれることになるが、主翼は折りたたまれ、機体は窒素ガスを用いて防水シールドを展開するが、そのガスボンベからの冷たい窒素ガスを排気に混ぜて、温度を下げるのはQF/V-45Rと同じ理屈である…。

 「…監視飛行を行うあたしたちへの監視…」

 桃子は呻いた。彼らが何をしていたのか?…それはP-21Aを監視することともう一つ。こちらからの電波を盗み取ること。電波収集任務である。例えばQF/V-45Rは、バルゴ06の上方に遷移していたが、これはP-21Aの衛星通信アンテナが機体上部にあるためで、逆に6時下方に居たQR-21モーフは、地上や海上に居る味方へのデータリンク用アンテナがあった。そこから送信されるデータを吸い取るには、ちょうど都合のいいポジションにいたわけである。 

「…それで…どうするの、桃子?…」

「……」 

思信に問われる桃子。この対抗措置をとろうにも、このP-21Aは銃やミサイルなどの火器類に関して非武装だった。しかしこのバルゴ06の現場指揮官である桃子は、この限られた状況中でも、これからの対応策を見出さなければならない…。 

「…無人機に対して機外灯を使って発光モールスで退去勧告よ。これで遠隔操作なら判るはず…それでも従わない場合は電波ジャミングでスタンドアローン(孤立)にさせる…」

「…それで?…」

「…相手の出方を見るわ…」 

思信の問いに桃子は言った…発光信号に関しては、機外照明を操作するスイッチはコックピットに集中しているので、思信や燕城寺がそれを担うことになる。しかし機外灯を何度明滅させても相手の行動は変わらなかった…。こちらからジャミングを仕掛けることで、相手の無人戦闘機も後方司令部との連絡を止めることが出来るが、しかしこちらも味方との連絡が不可能になってしまう。苦肉の策だった…出たとこ勝負なんて…桃子は内心、苦手だった。まぁ何事もそうだが、往々にして戦場での偶発的な出会い頭の会戦で、出来ることが限られてしまう。そこで要求されるのは、その突発自体に咄嗟に対処することの出来る瞬発力に似た決断だ。こればっかりは個々人の生来の資質、持って生まれた感性に因るのかもしれない。その点では桃子は、あまり得意ではない。だからこういう場面での指揮官は、思信や諏訪部の方が適任だと思う。 

「…外部状況に反応無し…これじゃ埒が明かないわ…」

「…電子妨害措置を許可します…」

「…ジャミング開始…」 

その妨害電波が発せられてから、相手の挙動に明確な変化が見られた…。 

「…あれ?…こっちに向かってくる?…」 

隼砥が云った。機体上部のAIRBOSSと、機首下部の索敵ターレットは互いに、上下に居る無人機の動向に目を光らせていたが、その画像の中でジャミングを仕掛けた始めた途端、上と下で一定の距離を保っていたQF/V-45RとQR-21の2機の無人機が画面一杯に迫ってくる…それはP-21Aをまるで上下からサンドイッチするようでもある。 

「…挟みこまれちゃった…」 

隼砥が云うまでもなく、その距離は見る見る縮まり、ほんの10から数mほどのぎりぎりの差で肉薄しているのである。機体の下に居たQR-21は、P-21Aにまさにコバンザメするように向かってきたし、上のQF/V-45Rは大胆にもアンテナドームの直後、P-21Aの垂直尾翼の直前にまで舞い降りてきた…。 

「…これじゃ身動きが取れない…私たちを脅してるの?…」 

これでは自分たちに従えと暗に言っているようなものだ。無人戦闘機のくせに味な真似をしてくれると思った…。 

「…まるで誰かに操られているのかしら?…」

「…ジャミングは利いているはずだから理屈では内部のコンピューター制御よ…」

「…だとしたらスタンドアローンの状態で、ここまで出来るならお利巧な制御ソフトなのね…」 

そんな緊迫したやり取りが隼砥や、桃子と思信の間で行われていたが、 

「…この後、どうするんですかぁ?…」 

そう燕城寺が次の行動を質す…暢気に事を眺めていて良い状況ではない…。 

「…機体の急激な機動も良いけれど、機体に傷つけられたら、こっちも危なくなるし…そぉねぇ…相手にレーダージャミングを掛けたまま、レーザージャミングで無人機の視覚センサーを眼晦ましして、その瞬間に逃げましょう…」 

燕城寺の問いに応えて桃子がそのオプションを提案した。幸いにもP-21Aには、その選択肢を実行するために打って付けのレーザー光を使う光波式妨害装置(レーザージャマー)・ターレットが機体の上部と下部に備わっていた。これは弱いレーザービームで相手ミサイルの電子光学シーカーを焼切る…までは行かないが目潰しするのが主な目的だった。これらによって機体を中心に上下の球状空間のほぼ全域をカバーするが、これを無人機の視覚センサーに向けて発射するのである。視覚センサーだけでなく、相手が周囲の状況把握に使用するレーダーを妨害すれば、電波と視覚を塞ぐことができる。ちなみに大出力の航空機搭載用の攻撃用レーザー砲もあるが、P-21Aにはそれだけの機内容積はあっても電源が無いし、システムを積むには、既存の哨戒戦闘システムを全て降ろさざるを得ない…。

「…レーザービームで相手のモノアイを潰すのは良いけど、下の無人機は超低空で水面を掠めた方が、離れてくれるんじゃないかしら…」

 

とは麒麟…だった。 

「…それより曳航デコイはどうですか?…」

 

吉岡柴も麒麟につられるようにして議論に加わっていた。P-21Aには光ファイバー曳航式のデコイ(囮)が装備されており、これは先端のデコイ本体からレーザージャマーと欺瞞電波を発射するものだが、自機からある程度、距離を置いて使用するものであるため、今のように相手がこちらの内懐深くまで入っていると、制限された運用しか出来ない。 

「…こんなに近寄られたらデコイじゃ手出し出来ないわ…」

「…じゃランチャーから物を落とせば良いんじゃないですか?…うまく当たるかもしれないし、パラシュートが絡まるかもしれないし…」

「…躱されたらどうするのよ?…」

「…だから目潰しのレーザー攻撃をするんじゃないですか?…」

「…下の奴は良いとして、上にいる機体は如何するのよ?…」

「…あ…」 

そんな麒麟と吉岡柴の喧々諤々の議論に思信が終止符を打った…。

 

「…大丈夫よ。あたしに考えがあるから…」

「…思信…」

 

力強く言ってくれた思信だったが、それでも桃子は不安だった。自分が投じた一石なのに、想像以上に広がってしまった波紋に、自分自身で明快に答えを出せなかった。でも彼女には、今は思信を頼りにするしかないのだ。 

「…上にいる無人機には、目潰しのレーザーを照射したら、すぐに機体をスライド移動させるの…多分、相手はQF/V-45Rだから視覚センサーが機首の下だけじゃなく、翼と胴体にもついているでしょう。それにも次々と命中させなきゃだめよ…前部の視覚センサーを目潰ししている間にこっちは逃げ出すの…下の無人機には、レーザーショットと物量投下の組み合わせを基本に臨機応変に出たとこ勝負で行きましょう…」

 

思信の語り口調は力強い一言だったが、中身はただ桃子の提案にパイロットからの視点を加味しただけだった。それでもこういう決断をしてみせる瞬間の思信は、桃子の信頼感を通り越して惚れ直させるに十分な姿に見えた。 

「…この難局を乗り切るために、みんなの命を私に預けて…」

「…思信さま…」

 

この思信の一言に陶然となる燕城寺や一同…それに負けじと桃子も続ける…。

 

「…この勝負はタイミングが全てだから、みんなの呼吸を合わせるのが一番大事なの!!…」

「……」 

桃子の一言にはみんなの反応が心なしか鈍い気がした。戦闘機械をシステマチックに操るには、何より繊細さが要求される。それは肌をときめかせる指先の動きと同じだ。そしてミッションチームとして一丸となって戦う時は、同期した動きが必要だ。それは女同士で肌を重ね合わせる時と同じだった。だからこそ互いに日ごろから肌を重ね合っている自分たちこそ、こういうピンチのときこそ、ここぞの強みを発揮できるのだという自負は、桃子や思信を含めたこの場のクルー全員の共通した認識だった…。

 

「…帰還したら、またみんなで好きなだけエッチなことしましょう…」 

ここぞの一言は、これに限る…チームとしての仲間意識に加えて、肉体的にもエッチで結びついている関係は、そんじゃそこらのものとは一味違うのだ…。

 

「…しましょう…」(←燕城寺)

「…うん…」(←麒麟)

「…私も…先輩といっぱいしたいです…」(←吉岡柴)

「…しよしよ…」(←隼砥)

「…賛成…」(←佃島)

「…了解です…」(←笠置秋)

「…アイ・ショーティ…」(←笠置紀)

「…基地に帰ったら、あなたを寝かせてやらないんだからね…」(←思信) 

と最後を締めくくったのは思信だった…その傍らで燕城寺が思信に、そっと耳打ちした…それを聞いてにんまりと、ほくそ笑む彼女…。

 

「…そう云えば、絶対に生きて帰るって誓わなきゃいけない相手がまだまだ居たわね…」

「…え?…」

「…みんな、ちゃーんと持ってるわよね?…」 

思信の言い草に桃子は一瞬、きょとんとしてしまう。そしてみんなは、胸元からお揃いの小さなロケットのペンダントを取り出して見せた。その中には個々人が慕い女性との卵子を単為生殖技術で掛け合わせたコンボエッグ(受精卵)を使った受胎カプセルが入っていた。これは愛の証であり、絆であるとともに、お守りの意味もあるのだ。絶対に母親になるまで、死なない…生き抜いて見せると言う決意の意味がある…。

 

「…リーダーの桃子は持ってないの?…」

「…そんなわけ…ない…けど…」 

言うと躊躇いがちにだが、桃子も胸元のポケットから、忍ばせていたロケット・ペンダントを取り出していた。桃子が卵子を掛け合わせた相手はもちろん思信だった…。 

「…ちゃんと生きて帰って、この子たちをこの世に産んであげなきゃ…私たちはママになる前に絶対に死ぬわけにはいかないのよ…」

 

言うと、思信はロケットに頬摺りすると、軽く口付けをしてペンダントを胸の中にしまう。他のみんなもそれに倣った仕草をした…これで心の臨戦態勢を整えた一同である…これはまだ見ぬわが子達と将来への彼女たちなりに感じている責務を、具体的に形にしているのだ…。 

「…あのぉー…この受胎カプセルの有効期限って、もうそろそろ終わりのはずですよね?…」

「…そうだったかもしれないわね?…」

「…じゃぁみんなでぇ…」

「…それは後にして!…」

 

燕城寺が受胎カプセルの使用期限が迫っている時限の問題を絡めて、これ以降の展開が終わったはずの思信との会話に、隼砥が加速を掛けようとした時に、桃子が途中で打ち切りの制動を掛けた。そもそも受胎カプセルの保存溶液には、食品の賞味期限ではないが、受胎カプセルの有効期限は半年程度のはずだ。その期限が迫っていたのだ… 

「…みんな気合入れていくわよ!!…」

「…らじゃ!!…」

 

思信と桃子の気合の入った号令に、他のクルーが呼吸を合わせた了解をした…。

 

(続く)
  1. 2007/01/01(月) 12:48:40|

2007年の初日です。(バルゴ06その4)

※ ※

 

シミュレーションは、桃子の頭の中で描いた光景を、コンピューターに入力して、それをスクリーン上で検証・確認する作業になっていた。桃子の目の前のスクリーン上には、彼女たちのP-21Aとサンドイッチする無人機の今の位置関係の状況が描き出されている。今後の展開をみんなの目に判るように描き出してやることだ。基本的にはこの検証結果は、不確定要素も多いので、この時点では単なる簡単なCGアニメーションにしかならない…それらをクルーメンバーのそれぞれのディスプレイ装置に転送した…概略を知った思信がみんなの音頭を取る。 

「…レーザーショットはマニュアル操作で行います…上はキーちゃん、下は隼砥先輩が狙ってね…直後に機体は右方向に針路を変更します…そのカウントは私が行います…」

 

例えばQF/V-45Rの明確な視覚センサーの位置などは、コンピューターには登録されていても、それをどう目潰していくかなどの細かい手順は、コンピューターにこれからデータとして学習させなければならない…要するにまだ自動で行えるプログラムが無い…ので、先ずは人間の手で手本を見せてやらなければならないのだ。

 「…物量傘投下のタイミングは私が取りますから…佃島3尉、笠置2曹…頼りにしてます…」

 桃子が呟いた…機体の挙動を司るのは機長の思信。それらを含めて包括的にカバーするのがこの場の彼女の役割になる…コックピットでは、燕城寺がその時に備えてスロットルレバーに置いた…。

 「…思信さま…」

 スロットルレバーに置いた燕城寺の手に、そっと手を添える思信だった…。

 「…絶対に帰って、さっきのエッチの続きをしようよ…」

「…はい…その前に思信さまにして欲しいことがあるんですけど…」

「…なぁにまーや?…」

「…キスをしてもいいですか?…」

「…どうぞ…」

 思信は微笑むと、隣の燕城寺の前にそっと目を閉じて唇を差し出した。

 「…チュ…」

 静かに触れ合った2人の唇…。

 「…どう、少しは落ち着いた?…」

「…ええ…はい…なんとか…」

 

これからのミッションに対する自分の拭えない不安…それが思信には、唇の渇きと震えになって伝わったのではないかと思った…。

 

「…思信さまは、どうしてそんなに平気で居られるんですか?…」

 

思わずそんな言葉が口を衝いて出てしまうほど、燕城寺の心は葛藤している…。 

「…あたしだってどきどきだよ…」 

そう云いながら思信は、燕城寺の手を取って自分の胸に手を当てさせ、その鼓動を伝えた。膨らみの少ない思信の胸からの鼓動は、よりダイレクトに燕城寺の手先に感じられた…。 

「…ほんとだ…」

「…ふふ…あたしもみんなと同じで怖いのよ…」

「…でも冷静で落ち着いてるみたいですけど…」

「…桃子にも、みんなにもそんなじたばたしてるあたしを見せたくないの…それは桃子も同じはずだと思うから…単なる見栄っ張りかな?…でもね、それが極限下でクルーを安心させることが出来るのなら、リーダーを演じるあたしは、嘘でも冷静を装う意味があると思うの…」

 

云って燕城寺に、にっこり微笑む思信だった…そしてスロットルを握っていた燕城寺の左手に、思信は自らそっと右手を置いた…。 

「…思信さま…」

「…まーやは、ラダーペダルの操作に専念して…スロットル操作は私がするから…」

「…はい…」

思信は燕城寺に代えて自らスロットルレバーを握った。燕城寺の緊張感から考えれば、思信も操作を分担した方が良いと考えたのだ。機体を水平のまま、機首を回頭させるのは、一般的に垂直尾翼の方向舵を操作するラダーペダルの操作だけだが、これに左右主翼エンジンの推力差を用いれば、動きをさらに加速させることが出来るはずだった…。 

「…じゃぁミッション・カウント開始…T-30秒から開始…」

 

思信のカウントは、他のクルーの耳元にも届く…。 

「…無人機のモノアイに照準…」

「…何時でも準備よし!!…」

 

麒麟と隼砥は、互いに上と下の無人機の視覚センサーに向けて、レーザービーム照射の準備を既に整えていた。レーザージャマーのターレットに具備されている画像センサーからの映像は、彼女たちが右目に掲げたHMDのアイピースにしっかりと投影されていた。無人機のカメラは、こちらをサンドイッチする上での相対距離を測る重要な役割を担っている。それを潰されてしまえば、一瞬でも隙が生じることになる…。 

「…武器投下ランチャーに物量カプセル装てん完了済み…何時でもどうぞ…」

 

桃子に向かって武器係の佃島が連絡する。この投下のタイミングは、どうにもFCSには組み込まれているプリ・プログラムではないから、コンピューター制御と言うわけにはいかないので、それらは全てマニュアルでタイミングを測かることになる…。 

「…カウント・マイナス10、9、8、7、6、5、4、3、2、1…start!!…」

「…レーザー・ビーム・ショット!!…」 

カウントがゼロになったところで、無人機の視覚センサーに向けて一目散にレーザーが照射され、視覚センサーを眩ませたが、それでも無人機の安定した飛行状態は変わらない。無人機の機体には、姿勢を維持させるだけの精密な慣性航法装置が備わっている。レーザーショットでモノアイの目が眩んだところで外界の景色が判らなくなるだけだ。それが狙いでもある…。 

「…左旋回!!…」

「…らじゃ!!…」 

思信の号令に燕城寺は思い切り左のラダーフットペダルを踏み込み、思信はさらに推力差を発生させるために、左スロットルを引いて左エンジンのスラストを絞り込み、逆に右スロットルを押し込んで右エンジンの推力を開放した…P-21Aの機体が回頭をはじめた途端、互いの距離が開き始める…スクリーンに映し出される無人機は、レーザーショットの効果で目潰しされたので、現在の飛行状態を維持するだけで精一杯だった。P-21Aが針路変更したお陰である…。 

「…物量カプセル投下、投下!!…」

「…しゅぽん、しゅぽん、しゅぽん!!…」

 

桃子の号令一過、後部キャビンの武器投下ランチャーから空箱の物量カプセル・コンテナが圧縮空気で打ち出される。 

「…当たった、当たった!、ヒットヒットヒット!!…」

 

連続して3発投下したが、P-21Aが左旋回を開始したことで、QR-21から遠ざかるので、中々当てにくくなるが、ようやく3発目がQR-21に当たった。1・2発目は距離が無かったのでパラシュートが開かずそのまま素通りと言う感じだったが、3発目でようやく減速用のパラシュートが開き、カプセルがQR-21に激突し、無人機にパラシュートが纏わりついた。ふらふらと姿勢を崩すQR-21。程なく姿勢を維持できず、錐もみ状態になる。パラシュートがジェットエンジンの中に吸い込まれ、エンジンが停止したのだ…その瞬間、スクリーンの映像の中で、QR-21の機体が弾けたような気がした…ミサイル迎撃用に装備している指向性散弾”メタルストーム”を発射したのだ…途端に、 

「…がくがくがくがくん!!…」

「…キャァ!!…」

 

フレームを軋ませるような衝撃と振動が機体全体を包む。クルー一同は、予期していたとは言え、一様に動揺した…コックピットのコンソール・スクリーンは、自動的にP-21Aのステータス表示モードに切り替わっていたが、機体の3DCGの表示に損傷部位が赤く明滅を繰り返していた…。 

「…左水平尾翼、垂直尾翼破損!!…後部動翼系統損傷…」 

燕城寺が告げると思信は表情を曇らせた。上下から無人機にサンドイッチされた中で、”バルゴ06”が反撃する術は、DIRCM(光波妨害装置)を相手の光学センサー目掛けて連続照射して目晦ましを掛けた瞬間に、一瞬だけ相手との相対自己位置を見失ったQF/V-45Rは、その飛行姿勢を保ち続けようとしたが、思信たちが操るP-21A左方向に針路のスライド修正を掛け、さらに左右のスラスト差から大きく右に持ち上がったP-21Aの機体の垂直尾翼と接触してしまい、P-21Aから垂直尾翼上部をもぎ取った。そして機体下部にコバンザメしていたQR-21には、レーザーの眼晦ましと物量傘が絡むことに成功したが、錐もみ状態になった無人機は、最後の足掻きではないが、装備していた指向性散弾をP-21Aに放ち、機体後部に著しく傷つけるとともに、錐もみ状態のQR-21は左に大きく沈んだP-21Aの左水平尾翼に接触し、その部分を失ってしまったのだ。 

「…がたがたがた…」 

振動は先程より幾分和らいだが、手負いの機体の挙動はまだ不安定だった。それでもP-21Aの飛行制御コンピューターは、この緊急事態を内部に装備されたスマートスキンと呼ばれる自己診断回路網とFBLと呼ばれる光信号制御装置を駆使して、損傷部位を現在のリソースで自動的にリカバリーしてみせ、飛行姿勢の保持に尽力することになる…スマートスキンとは、機体全体に自己診断機能を持たせた初歩的な知能(インテリジェント)化装置だ。この自己診断回路網…光神経複合センサー…には、データ伝送路とセンサーの役割を同時に担う光回路を使用するが、これらは既存のフライバイライト(FBL)を基幹にし、枝分かれするようにネットワークを構築している。主翼やキャビンに掛かる構造圧力や温度などの変化を中心に測定する。攻撃を受けた損傷部位からは、光ファイバーネット内を流れるレーザー光が漏れ、これらのセンサーデータが損傷診断に使われ、フライトコントロールにも反映され、機体の損傷レベルに合わせてコンピューターが自動的に飛行制御をサポートしてくれる。それでも補正されきれない機体の慣れぬバランスの悪さが今の不安定な挙動の原因だった。 

「…コクピットは機体の安定に注力…各自、緊急脱出準備!!…武器係はレスキューコンテナの緊急射出!!…」

「…機体を捨てちゃうの?…」

「…まだわかんないわよ!!…いざって時のオプション!!…」 

桃子の号令に思信は思わず聞き返していた。その直後に機内は一様に無言になった。そしてコクピットでステアリングハンドルを握っていた思信は、あろうことか手首に備わっていたリストパッド・スクリーンにメール作成画面を呼び出してメールを打ち始めた…緊急時の機内の会話…主にコックピット内だが…は、室内のマイクロフォンで尽くボイスレコーダーに記録されてしまうので、わざわざコムツールで会話メールをする羽目になっている。 

「…しゅぽん、しゅぽん、しゅぽん!!…」 

そんな子気味よい音が3連発して…救命ラフトを収容したカプセルカートリッジは、ソノブイランチャーから射出された後、パラシュートで減速しながら、海面に軟着水する。救命ラフトを収容したカプセルは、海面に着水したと同時に、エアバックの要領で膨張し、海面上に浮かぶことになる。ラフトの定員は最大で5名だが、最低限の電力を得るために、ボディ全体には色素感応型のシート状太陽電池が上皮にコーティングされ、その電力は蓄電池に蓄積されるとともに、位置発信器及び、通信機に使われることになる。思信は唇に人差し指を当てて、秘匿会話とする合図をすると、燕城寺も肯いてそれに同意する。そして副操縦士の燕城寺にリストパッドモニターを見せて、自分が言わんとしていることを伝えた…。 

 “…主翼とエンジンは2つとも無傷だから…基地には何とか帰れるわよね?…”

「…コクリ…」 

燕城寺はコンソール・スクリーンのステータス表示で油圧の表示が若干低下したのを気にしながらも、思信の問いに肯いていた…外見は旧来の旅客機と見分けがつかないほど垢抜けないP-21A哨戒機だが、現代のコンピューター制御の航空機の残存性は、かつての航空機に比べれば、軍用機並みのタフネスさを兼ね備えるに至っているのだ。垂直と水平尾翼が傷ついたとは言え、この程度の損傷は油圧が生きているので、このままフライトし続けることは可能だし、タイヤがうまく出れば、着陸することも可能かもしれないのだった。 

“…1、このまま全員で基地に帰投…”

“…2、機体を安全な海上で投棄…”

“…3、一部クルーを脱出させて、パイロットのみで基地に帰投もしくは、機体の投棄…”

“…4、無理せずに適当な海上で、みんなで脱出…” 

という4つの選択肢を提示した思信…それらは即座にクルーの各々のコムツールの画面に示される。こんな時に民主主義の実践というのもどうかと思ったが…多数決が出来る余裕はあった。 

“…こんなことしていいの?…” 

そう桃子は躊躇ったが、最終的には彼女も4番に投票した…そしてこのアンケートの集計結果は…全員4番だった…

 

※ ※

 

先ほどの救命ラフト投下位置まで戻るP-21A…飛行高度もパラシュート開傘に必要な高度600m以上と速度200ktをキープするように自動操縦装置に入力した…クルーのミッション・リーダーである桃子のコンソールのスクリーン上には、 

[self-distraction mode]

(自爆モード) 

のタスクが呼び出されていた。自爆と言っても、正確には各種記録メディアの破壊消去という方がニュアンス的には近いだろう。敵軍に自機のデータを渡さないために、コンピューターなどのデータ一切合切を消去、電子機器を焼き切る。自らこれを執行するのだ…そんな羽目になろうとは…みんなは既に脱出する気満々なのか、ヘルメットにパラシュート、酸素マスクに、諸々のサバイバルキットというフル装備だった。そんな中でパラシュートを背負い、ゴーグルをして、トレードマークにシニヨンに編み込まれたヘアーを汗取りスキンを被せてヘルメットの中に収めた。ヘルメットの後頭部に、ケミカルライトを取り付ける。みんな緊急時は戦闘機パイロットと似たような出で立ちになるので、個体識別のために色分けされていた。ちなみに桃子は黄緑色だ… 

「…crick!…」 

自爆モードをクリックした桃子。その最中にもコックピットの思信たちが、自動操縦装置に機体を水没させる飛行コースを再設定していた…。 

「…みんな用意は出来た?…」

「…はーい!!…」 

隼砥が率先して手を上げた。その返事は何だかハイキングにでも行くかのような軽いノリだったが、果たしてこのような傷ついたケージから一刻も早く脱出できるのならば、自由になれるのなら浮き足立つのも判る気がした…。 

「…いーい?、脱出は左後部ドアから脱出すること…左の水平尾翼が無いから、その分、尾翼と衝突の危険性が少ないわ…パラシュートは自動開傘に設定して。無理しない方が良いわ…先に投下した救命ラフトは3つ。もう海上で開いているはずだから、その位置は各自、リストパッドスクリーンで確認して、最寄のラフトに辿り着くようにして…それから水上に着水する時は、高度10m前後でパラシュートを切り離すように…」 

思信が言った… 

「…後は桃子から付け加えることはある?…」 

そう思信に振られた桃子だったが、注意事項は言い尽くされていたので、特に思いつかなかった…。 

「…みんな無事に帰って…」

「…エッチしようね?…」

「…はーい…」 

そして9名のクルーは後部キャビンに移動した。全員マスクを被り、夜間用の暗視ゴーグルを填める。佃島の手で後部キャビンが緊急ハンドルで開放されると、気圧差を伴った空気の傍流がキャビンに流れ込む…酸素マスク無しでは過ごせない。 

「…ぽんぽん…」 

肩を叩き合って互いを確認する…勢いを付けて倒れ込むように飛び出した…最初のうちは、空中でくるくると錐揉みになっていたが、気流に身を任せるように腹ばいになる。四肢を風に乗るように関節から天を仰がせた…高度3000mからP-21Aの機外に脱出して、天を泳ぐように満天の星空から舞い降りた流星群…ただ星屑とかの感傷に浸っている余裕は無かった…高度600mで自動的にラムエアパラシュートが開いて、その瞬間の引き上げられるようなGの衝撃に、全身が骨身まで軋みそうになったが、そこで初めて空中を漂いながら、海上に漂うラフトや、満天の空を見上げたりと言った周囲の景色に目を凝らす余裕が出来た…。そして十分に救命ラフトに近づいたところで、空中10mほどでパラシュートと身体を接続しているバックルを外した。こうすることで、海上に着水した時にパラシュートが上から覆い被さり、窒息・溺死することを防ぐのである。空中から海上に身を投げ出したその瞬間、海中に数mほどダイブする羽目になってしまった。

 

※ ※

 

海面を漂う救命ラフト(筏)の中…バルゴ06から吐き出された全部で9名の女性クルー…自分たちの行く末はどうなるのだろう?…波間に漂いながら別にそういう不安は余り感じなかった。クルーがみんな脱出出来たことは、GPS付きの救難信号発振装置からお互いのロケーションは確認できていたからだ。さすがに相手とは、話せていなかったが…そんな9名は、時間差で脱出していたのだが、その中でも諏訪部麒麟2等海尉と吉岡柴2等海曹は、早めに脱出したペアだった。麒麟はリストパッドモニターに周辺のグリッド表示を呼び出す…自分を中心にした10㎞の圏内に2つのブリップが見られた…。 

「…先輩…あの…ここでしたいことがあるんですけど…」 

吉岡柴が呟いた…緊張の連続の時間から解き放たれた安堵感と、この大自然の大海原に、最愛の女性と2人きりになれたという別な意味での緊張感が発生していた…。 

「…あー。トイレならその縁から好きなだけしなさい。遠慮することはないわ…あたしたちは今、地球最大の水洗トイレの真っ只中に居るんだから…縁から海に落ちないようにしてよ…助け上げるのは得意じゃないから…」

「…え?…あ…はい…」 

自分が言いたいことを麒麟に一方的に決め付けられてしまった柴。それに反駁することの出来ない自分も情けなかった。海面に着水して救命ラフトに辿り着くまでに、結構な距離を泳いだと思う…そこからラフトによじ登るのも、結構な疲労になった。それでも救命ラフトに乗り込めたことで、一定期間の生命維持と救助の可能性は保障されたのだ。生存への危機感が薄れると、どうしても様々な欲望が湧き出してくる…それも疲労感もどこかに行ってしまう…。海水でずぶ濡れになったフライトスーツも、今では撥水効果のお陰で、水分の有様も気にならない。 

「…ぺろん(←ズボンを脱いでお尻を出す擬音)…ちゃー(←柴のおしっこの音)…ちょぼちょぼ(←水面に毀れる音)…」 

それで仕方なく、大して尿意も催していたわけでもなかったのだが、ラフトの縁からお尻だけを半分、海面に突き出して、おしっこをした…これが日中なら、これだけで灼熱の太陽にじりじりと、皮膚を焼かれてしまうことだろう…これが大きい方なら、それを巻きエサにして魚が釣れるかなと思ったりした…それからしばらく時間が経過した…。 

「…柴…おしっこして、ちゃんとお尻を拭いたの?…」

「…あの…トイレット・ペーパーが無くて…」

「…何だったら、あたしが嘗めて上げてもいいわよ…」

「…え?…」 

麒麟の一言に思わずドキリとしてしまう柴。随分とはしたない爆弾発言をするものだと思ったのである。これが次の台詞の呼び水になったのは、柴の中で一つの箍が外れた…。 

「…先輩…あたしずっとずっと気兼ねして、云えなかったんですけど、今日はその願いを適えて欲しいんです…」

「…なぁに?…改まって…」

「…あたしに先輩との赤ちゃんを産ませてください…」 

吉岡柴は、麒麟に対してはっきりと言い切った…きっぱりと、自分の募る思いを打ち明けたのだ…今まで大切にお守りにしてきた2人の絆に生命の息吹を吹き込むのである。子宮の中で愛の結晶に孵すのである…。 

「…さっき内藤さんも、思信さまも…帰還したら、みんなで赤ちゃん…」 

そんな先ほどの機内でのやり取りを言う吉岡柴の唇に手を当てて次の言葉を遮る麒麟… 

「…柴…愛してる?…」

「…先輩のこと…世界で一番、愛してます…」

「…じゃぁ、あなたの望むようにしてあげる…」

云うと、2人の唇は、自然と触れ合い。吉岡柴の瞳には、涙の雫が自然と膨らんでいた…サイリウム・ライトという蛍の酵素の化学反応を使った蛍光化学ライトの明かりの下、フライトスーツのズボンを脱ぎ捨て、下半身を露出させる吉岡柴。黄緑色のぼんやりした蛍光の照度は、ライトの揺すり具合で明るくなるが、持続時間は短くなっていく。このぼんやりとした色彩の上に、互いのシルエットが浮かぶのがちょうど良い色だ。それにあわせて麒麟も、フライトジャケットのサバイバル・グッズの中から、ナイフの代わりに忍ばせていた異物を取り出す。それは男性器の代わりになるものだが、生殖バイブとしての機能を持ち合わせた拳銃のようなものだった。受胎カプセルを装てんして、ほぼ百発百中で妊娠させるのだ(←女性に対して、ある意味、凶器である…)。吉岡柴は認識票とは別に、首からぶら下げていた小さなロケットのペンダントを麒麟に渡した。その中に吉岡柴と麒麟の卵子を掛け合わせたコンボエッグを使った受胎カプセルが入っていた。これは2人の愛の証であり、絆であるとともに、お守りの意味もあった。それを生殖バイブ…ことラブピストルに装てんする麒麟。 

「…柴、仰向けになって…」

「…先輩…」 

麒麟に云われた柴は、仰向けに横たわる。強化ゴムの船底から、膨大な水の存在が波の感触として伝わる。まさに妊娠するには、絶好のシチュエーションだと思う。何より思い出に残る神聖な情景に思えた。麒麟は柴に自身の両脚を、M字に抱えさせ、開脚させた(←筆者は取り分け好きですね。このポジション…)。股間に秘められた柴の姫百合が、麒麟の眼前に露呈する。それでも彼女の小ぶりな桃弾の中にあって、その花びらが綻ぶか綻ばないかという開花寸前の情景は、ケミカルライトのぼんやりした色彩を帯びることで、一層の艶やかさを増しているのだった…。 

「…くにくに…」

「…あ、あん…」 

麒麟は指先で柴の会陰部を丁寧に解した。ともすれば綴じられてしまう姫百合を縁取る陰唇の花びら。それに適度に刺激を咥えることで、肥厚させてそのままでも自然な状態で居られる開花を促しているのだった。 

「…あなたとの誓約のキスは、ここにしてあげるわ…」

「…あん、せんぱい…」 

神殿でも、神社でも、教会でも、モスクでもどこの神様でもいいけれど、こういうのって…口と口を重ねるものではないかと吉岡柴は思った…麒麟とは散々、上下の唇で接吻はしてきたけれど、そういうのって大事にしたいのだ…まぁケジメだと思うのだけれど…でも新婚初夜を婚姻前に婚前交渉としてやってしまうのであれば、こんな満天の星空の下、2人きりの大海原でなんて、最高のシチュエーションだと思う…今は気持ちよく妊娠できればそれで好い…そう思った。 

「…くりくり…くにくに…」

「…あ…う…せんぱい…」 

麒麟の仕草をじっと見つめる柴。彼女の股座へ詣でた麒麟の右手…柴の姫百合の溝を指で撫でさするしなやかな指先。肉門を司る花びらを入念に揉み解したが、そこからの粘着質で水音のノイズが卑猥な色彩を帯びることになった…。

「…やん…せんぱい…」

「…ふふ…どしたの?…」

「…だ・い・す・き…」 

官能の歓びなのだが、それを素直に表情に出して好いものかどうか…だからはにかむ様な照れ笑いを浮かべる…それでもまだ表情を作る余裕があるのだ。それも快感に突き上げられるにつれてそんな余裕など無くなってくる…。 

「…こちょくちゅ…」

「…あんん!!…」 

吉岡柴を快楽の極値に突き上げようと、麒麟の指使いが徐々に激しくなる…吉岡柴が今まで一通り体験してきた性経験…と言ってもこのクルー一同も同じだ…は、女性の手になる指か、バイブか、ローターを異物として姫百合に受け入れてきたくらいで、生身の男性器に関しては、未踏の領域なのだ。かと言って千差万別の個人差がある生身をあてにするより、ニーズに合わせて作られた工業規格品の方が品質や性質は折り紙付であるといえる。性感に関して言えば、最愛の女性である諏訪部麒麟などにも関わってもらってきたことで、人並み以上に開発されてきた。女体の悦びを吉岡柴の身体は十分身に着けているのである。あと未経験なのは、母親になるということだが、吉岡柴は生身の男性を知らないまま、生殖バイブを受け入れることで妊娠できる。これを持ってして”処女懐胎”というのなら、バルゴ06のクルー一同はみんな同じだ。というより性生活において生身の男性を排除するようにしてきたのは事実だが、それに対して惑いはない。今まで出会ってきた信頼すべき人が同性だっただけで、異性との巡り会いは必要ないだけだ。 

「…ちゅっちゅ…レロレロ…ぢゅるぢゅる…」

「…あ、んn…はぁッツ!!…」 

そのうち麒麟も指だけでは飽き足らず、吉岡柴の姫百合からのラブジュースを吸引し、後ろの菊輪の部分に直接吸い付くようになる。静かに綻んだ吉岡柴の花びらに、執拗に舌戯を施す麒麟…。 

「…よいしょっと…」 

云いながら麒麟は、吉岡柴の下半身を大きく引き寄せ、捲り上げるようすると、そのお尻の下に自身の身体を添えることで、愛する吉岡柴にも、自分の姫百合の状況が一体どうなっているのか、視覚的にも確認できる。これが屈曲位の齎す醍醐味の一つでもある。しかし屈曲位は、その名の通り窮屈な姿勢だ。身体の内部では、重力に引かれるようにして、内臓が上半身の方に下がってしまう。つまりビーナスホールの中の子宮も、より深く穿たなければ、内部のホットスポットを直に抉れないことになる。けれど吉岡柴のホール自体は、その小柄な体格と同じように、深度は比較的浅いので、深く穿ちすぎて、彼女の内部を傷つけるような危険性は少ない…。 

「…挿入れるわよ…」

「…ん、ん…先輩…」 

麒麟は吉岡柴の姫百合に突き立てたラブピストルをぐいっと捻り込んだ…子宮系の筋肉の収縮を蹴散らすように、生殖バイブの切っ先は、彼女の子宮口をノックしていた…同時に後ろの菊輪を指先で解き解す。 

「…にちゅにちゅ、ぎゅっぎゅ…くちゅくちゅ…」

「…あくぁぅうう!!…」

「…ぶびゅる!!…」

「…せ・ん・ぱ・い!!…あぅ!!…いぅ!!…ほしが…おちてくる!!…」 

吉岡柴は麒麟に両肩をフォールさせられた屈曲位のまま、彼女は絶頂を迎えていた…両脚は虚空に大地を求めるように激しく痙攣していた。オーガズムを感じた吉岡柴の頭の中は、酸欠状態のように真っ白になっていたが、救命ラフトの天井の覆いを無意識に蹴っ飛ばしていたため、満天の星空が目に焼きついて離れなかった…人生最高の絶頂は、最も愛しい女に抱かれながら、海の上で満面の天の川の星空の下で迎えることが出来たのだ。日本では見えない星座の光景…アラビアン・ナイトの星図だ。吉岡柴はオーガズムの瞬間、両脚を大きく上空目掛けて天空を仰いだが、彼女の瞼にはその星々が崩れ落ち、天から幾多の流れ星となって、弾丸のように自分の子宮目掛けて降り注ぐような光景が目に焼きついた…これはこれで神聖な受胎のイメージだ…そんな意識が朦朧としてからの回復にどれくらいの時間が経過したのだろう?…。それはほんの数分の出来事だったのだが…そこには心配そうな目線を投げかけてくれる麒麟がいた。自分が蹴飛ばした天井の覆いも元に戻されていた…。 

「…柴…いっちゃったの?…」

「…コクリ…」

「…柴のいく瞬間、とっても素敵だったわよ…」

「…コクリ…」 

優しく甘いキスを繰り返して、吉岡柴の傍らに添い寝する麒麟。彼女の問い掛けに、吉岡柴は無言で肯いた…それが精一杯だ。その瞬間を言葉でなんて言い表せない。勿体無いよ…。 

「…せんぱい…お腹が…さっきからジンジンして熱っぽいんです…」

「…それはあなたが子宮で受精できた証拠よ…柴はこれからママになるのよ…」 

吉岡柴は麒麟に、自分の下腹部の中で起きている小さな変化を訴えた。それは吉岡柴の小さな幼い子宮は、そのラブピストルからの一撃で熱い火照りを湛えて、その温度は何時までも下がらなかったのである。吉岡柴が言うのも妊娠初期段階で得た彼女自身の体性の感覚である。麒麟との女同士の性愛の高みの果てが齎したもの…子宮入魂…2人の卵子由来のコンボエッグを核とする受胎カプセルを装てんした生殖バイブは、吉岡柴の姫百合を膣道の最奥の子宮口まで貫くと、彼女のオーガズムに戦慄する子宮系の波動とシンクロさせて、受胎カプセルと受精液を彼女の子宮口に放精する。その体験を通して、エクスタシーに酸欠状態の脳内で、おぼろげながらに吉岡柴は、妊娠の実感を得ていた。受精液は受胎カプセルを栄養素であると同時に、保護膜…羊膜のようなものだ。その羊膜は、女性のおまん孔(まんほーる)に突き刺さった生殖バイブから、子宮目掛けて放たれ、子宮全体を満たし、後は子宮内から逆流しないようにゲル状に変わる。そして受精液は受胎カプセルをゲルと粘膜と肉で包み込むことになる。受精液は、女性を母親へと一段変化させる”…母性ホルモン効果…”…胎盤形成を促したり、乳腺を刺激して房の実りを豊かに確実に膨らませ、乳汁の出を良くしたり、脳神経の構造を慈愛に象徴される母性の感情を呼び覚まさせるなど…を持っているものだ(←もちろん個人差は大いにあると思いますがね…どの程度、実現性のあるものなのかは判然としない。ただ受精卵を子宮に戻すだけの現行の人工授精に関しては、着床率の個人差があまりにも大きいので、成功率は50%以下という数字だと思った…これは技術的に改善せねばならない数字だと思われる…これを少子化対策というには焼け石に水かもしれないけれど…)。 

「…ちゅちゅ…」

「…くちゅくちゅ…」 

麒麟は縁に首を持たせかけ、涅槃の姿勢で、上半身を肌蹴て、吉岡柴の傍らに寄り添い寝していた。それに吉岡柴は、麒麟の露になった柔らかい房に吸い付きながら、彼女の右手は麒麟の股座に忍び込んでいたのだ…麒麟の姫百合の部分には、ビーナスの門に当たる部分に秘密の証が括り付けられていた…これは吉岡柴との間に立てられた誓いのものではない。その誓いのピアスが貫いている包皮をむいて、弾力のあるクリトリスに直接触れると、彼女はひっそりと抑制した声で喘いだ…。 

「…はぁ~~~…」 

吉岡柴の手になる麒麟の切ない溜息…先輩を自ら導いているという実感はないが、麒麟の姫百合を少しじらすように、人差し指と薬指を、割れ目を縁取る花弁に置き、中指をその割れ目にそって指をぴったりとくっつけたまま、動かそうとしなかったが、陰核から膣口へ指を移動させた。そして麒麟はもどかしそうに腰をくねらせ、言葉ではなく態度で吉岡柴に懇願した…。 

「…んッ!!…」 

そして吉岡柴は、麒麟の秘処の門にそっと指を潜らせた…そうして攻守の立場が入れ替わった…。 

「…ぺろり…」 

吉岡柴は花壺に挿入れやすいようにできている楕円形のミニローターを口に含んで、舌先で唾液の滑りを付着させる…そのまま麒麟の姫百合に潜り込ませた…。 

「…はぁぁh…」 

こうして麒麟もまた、性の導き手によって、母親への第一歩を踏み出したのだった…。

 

※ ※

 

西の空に宵の星空が、東の空に日の出が同居する夜明け間際の空は、格段に色彩の豊富になる時間帯だ…そんな北西の方向にふと目を向ける麒麟…その空中にシルエットを見つけたのだ。自分の胸元を見つめる。肌蹴た褐色の胸元から毀れた乳房を吉岡柴に含ませながら、首に下げた認識票とともに、ロケット・ペンダントの中身は、もう既に無い。今は下腹部の深奥の中にある。それは自分と吉岡柴の卵子を掛け合わせた受胎カプセルだったが、自分も柴と同じように、ラブピストルを膣内に受け入れ、カプセルを子宮で受け止めていた…未だまどろみの中にある吉岡柴を目覚めさせるべきか?…麒麟はそっと胸元から吉岡柴の頭を離した…すると頭から柔らかい乳房の感触が消えて、吉岡柴は目覚めることになった…。 

「…んん…先輩?…」

「…目が覚めた?…そろそろ迎えが着たみたいよ…」

「…え?…」 

うすらぼんやりとした眼をその方向に向ける吉岡柴…H-60系の機体に機首に給油プローブやセンサーポッドをこれ見よがしに装着した厳ついヘリコプターだった。青と紺の波模様に彩られた機体ペイントにミートボールのような日の丸が生えるHH-60Mマッシブホーク。海上自衛軍のペルシア湾派遣艦隊旗艦DDH-146ゆうひから、P-21A”バルゴ06”の捜索のために戦闘捜索救難(CSAR)飛行に飛び立った機体である。 

「…あん…まだ…」

「…だぁめ…」

「…でもぉ…」

「…続きは戻ってからね…」 

云うと麒麟は、あきらめの悪い吉岡柴の唇に、そっと人差し指を押し当てた…それから救命筏の天蓋を外して、麒麟と吉岡柴は上空を旋回するHH-60Mに向かって2人仲良く精一杯手を伸ばして、精一杯の笑顔を振りまいた…そして上空に滞空したHH-60Mからホイストが降ろされて…それに吉岡柴を先に括り付けてHH-60Mに揚収させ、麒麟はその次に続いた。キャビンの中では、先に待ち受けていた吉岡柴が、麒麟に堪えきれず抱き付くと、流石に口付けは止したが…ヘリが母艦であるDDH-146ゆうひまでの帰投の始終中、手を取り合って身体を寄り添わせていた。ヘリが護衛空母に辿り着いて着艦し、麒麟と吉岡柴が2人して手を取り合いながらヘリからデッキに降り立つと、 

「…キーちゃん!!…」

「…吉岡2曹!…」 

云って思信と桃子が2人目掛けて一目散に駆け寄って来た。この2人を含めて麒麟と吉岡柴以外の7人は先に救出されてゆうひに居た。麒麟と吉岡柴は最後に救出されたペアだったのだ…そしてみんなの間で、交わされた人目を憚らない熱烈なキスの交歓。これがバルゴ06の真骨頂…クルーたちの恋人のような一体感だ。 

「…キーちゃんも、柴ちゃんも、ちゃんとした?…」

「…うん…」 

思信の問いに肯く麒麟。それに頬を紅潮させる吉岡柴…そしてみんなは、その頬に海風と優しい陽光を受けながら、もう一度、存在確認のハグと歓喜のキスの交歓をした…。

 

※ ※

 

…これはP-21A”バルゴ06”のクルー9名全員の秘密の合言葉になった…後日の確認事項…みんなは各自、トイレでおしっこを妊娠検査キットに目掛けて一斉に注いだ…色は見事に変化した。ホルモン変化は見事にその妊娠検査キットで抽出されたわけである…。 

「…出来てた?…」

「…うん…」

「…おめでとう…」

「…ありがとう…」 

これでバルゴ06のクルー一同は、晴れて産児対象となり、異国の前線から一旦、帰国の途に着くことになる…。

 

      

 

この手の展開は、この諏訪部麒麟・吉岡柴ペアの救命筏だけでなく、他の2つのペアの間でも、似たような行為が営まれていたのだった…数週間後の基地での健康診断で…それぞれが肉体的に母親になったことが検査で明らかになった…そして数ヵ月後のクルー9名の集合スナップ写真…その中でみんなは、個人差はあっても下腹部がふっくらとしていたマタニティ・ウェディング姿である。そして一年後…彼女たちの腕には、思い思いのベビーウェアに身を包んだ赤ん坊たちを、一様に胸と腕の間に抱いていた…そして娘たちが一様にムズがり出すと、上着をはだけて胸を露出させ、授乳をさせた。そこに羞恥の心より優先すべきことが娘たちの空腹を満たすことにあったのだった…。

 

※ ※

 

思信も桃子との娘・慧夢を妊娠して以降、母性ホルモン(?)のお陰で、みんなと同じく乳腺からようやくミルクが出るようになったのだが、かと言ってそれが彼女の薄いトリプルAのカップサイズを底上げしてくれることは無かった…だから娘に母乳を与えようにも、授乳中は常に自分の乳首の位置に娘の頭をキープせざるを得ないため、胸が大きいクルーメンバー…麒麟や燕城寺…が、妊娠の影響で胸のサイズがより大きくなったため、肩凝りに悩まされるのと同じように肩にプラスして腕の筋肉が凝るのは代わらないのだった。 

「…ほら、慧夢をこっちに貸してみて…あたしのおっぱいは2つあるから…」 

そう云う桃子は、既に右胸で娘の怜夢に乳を与えている…それに加えて思信の娘・慧夢にも授乳しようというのである。桃子は別に授乳に苦労している思信を見かねたものだったが、思信にしてみれば、娘の横取り行為に他ならないのだ。慧夢は怜夢と同じように桃子と思信の娘だが、思信自身が産んだのだ。そんな手放したくない…確かに自分の胸のサイズは薄い…けれどその乳腺が醸し出すミルクの成分及び量に関しては、十分に娘・慧夢の需要を満たすことが可能だ…。 

「…それは私も同じだよ…」

「…そんな悲しそうな顔しないの…大丈夫。この娘たちには、あたしたちがみんなでおっぱいをあげるからさ…約束したでしょ?…ちゃんとみんなで分け隔てなく一緒に育てるの。だから赤ちゃんのうちは、みんなのおっぱいを一緒に呑ませてあげるのよ…」

「…それは判るけど…今、あたしのおっぱいはどうなるの?…」

「…思信のおっぱいは、あたしたちみんなで、ちゃーんと吸って飲んであげるからね…」 

宥めるように言う桃子だが、ちっとも思信の耳には、慰めの台詞とはなっていない…。 

:「…あたしは、誰のおっぱいを飲めばいいの?…」

「…それはみんなのおっぱいに決まってるでしょ?…」 

そういうと、両方の乳房で授乳中の桃子以外のみんなは、空いている方の乳房のボリュームを、その手でアンダーからそっとすくいあげてみせる…みんなのニップルの瞳の中には、自ずと白い感涙の滴が滲み出していた…。 

「…あたしたちみんなで、ミルクの飲み比べしましょう?…」

「…みんな…」

「…誰のおっぱいが美味しいかしら…」 

女壺全体の衝動を宥めすかすように、生殖バイブはその蠢動運動の肉のウェーブに乗るように内奥へと突き進む…。その肉波を宥めるでもなく、子宮系の引き攣りの限界だった…。 

「…あたしだってちゃんと出るもん!!…」 

些か抗議地味て呟く思信だが、実際に彼女の厚みの無い、乳頭だけが硬く発達した乳房は、指先で軽く摘むと、思信の乳頭起源の白い軌跡が幾筋も、ぴゅぴゅっと空中に迸っていた。 

「…あ、勿体無い…」

「…エッチな吸い方と触り方をされないと、思信のおっぱいを大きくする女性ホルモンが分泌されないもんね…」

「…そんなんで大きくなるんなら、苦労はしないわ…ってんんっ!!…」 

思信が啖呵を云い終わる端から、燕城寺と麒麟が思信の胸元に顔を寄せて、乳頭に吸い付いてきた…思わず鼻を突く艶声と、胸の先からじんわりと背筋と子宮の内奥に伝わる快感。

乳房の涙…ミルク…思信の乳腺から乳頭に向けて発射されるミルクは、バルゴ06のクルーの中で胸のボリュームが一番薄い思信本人には、”…悔し涙…”なのかもしれないが、今、それを美味しく頂いている諏訪部麒麟と燕城寺摩弥には、”…歓喜の涙…”に感じられていた…。

 

(おわり?…)

 


※これらは全てフィクションでございます。が幾つかのバックボーンに関して.
 
単為生殖技術に関して…2004年10月、2匹のメスのマウスの卵子を掛け合わせて娘が生まれている。その娘はクローンではない。両親の形質を引き継いだ別な遺伝的に別な個体。その子供には生殖能力が確認されている。

受胎カプセルに関して…壊れ易い受精卵の構造強化を狙ったもの。人工子宮の開発の過程で生まれたと言う想定だが、現実の人工子宮開発は現在の不妊治療のことを考えると、もっと加速して進められるべきだと思うし、これからの超少子高齢化社会では、自然繁殖に拠らない完全な人工繁殖技術の核として、人工子宮の開発が進められる可能性もある。子供を作る気の無い若い世代が増えているなら、その責任を国が代わって担う必要が出てくるだろう。日本の民族集団存亡の危機ならば、それを実行するのも止むを得なくなるのではないだろうか。これぞ究極の理想的な社会主義社会だが…技術的なバックボーンが無ければ絵空事である。この時代で想定している人工子宮は、再生医療で臓器栽培に使われる遺伝子操作したクローンブタの子宮である。

この時代のイラクには、日本を含む中国を筆頭にした東洋諸国が核廃棄物処理施設を提供。これに反発した米国が施設占拠を企む。イランの核の矛と、イラクに作られた核廃棄物処理施設という核の楯によるイスラムの核枢軸同盟が出来つつあったという政治的な筋書きがある。中国を筆頭にした東洋諸国と米国を筆頭にした西側諸国による新時代の東西冷戦が、世界各地で展開されているのが国際政治のトレンド。
  1. 2007/01/01(月) 12:03:04|
  2. 未分類

2007年の初日です。(バルゴ06その5)

さて2007年元旦の初日から、俺の性癖と言うか、変態属性でぶっ放してみた自分ですが。"百合"や"ガールズラブ"と呼ばれる分野が大好きです。プラス"妊娠"に、ちょっとした軍事スリラーの薬味を加えてみたわけですが、まぁこれは未完のストーリーの一端でして、登場するキャラクターのほとんどは、百合漫画作品である某・少女セクトから引用しています。著者の方m(__)mです。そう言えば、某・淫倫オブジョイトイのM字開脚は、昔のヤンキーが巷でやっていた開きの良いう○こ座りなのではないかと思った。なぜそれを思い出したかといえば…なんでだろう?…ああ、お笑いウルトラクイズにインリンがチラッと顔だけ出ていて、桜塚奴君の出ていたエンタノ神様の録画していた奴を見ていたからだ…。それからつい最近、主人公が女性で、女性を調教するという自分好みのエロゲー"カスタム奴隷F"とそのバージョンアップソフトである"カスタム奴隷Fプラス"を揃って買い込んだのだが、スペック的には両者合わせて4Gバイトの記憶容量が必要なのだそうで。果たしてうちの陳腐化パソコンでは、本体のハードディスクに容量が無いので、必然的に外付けのディスクとなるわけですが、このディスクは4G以上の書き込みになるとリミッターがあるらしく、それを解除するには一から初期化しなきゃいけない。バックアップのデータを保存しようにも、うちには他に外付けのディスクが無いので…しかもこの拡張マシンは書き込みや読み込みも安定性に乏しくなってきている始末で難渋しております。これでは何のために1万もの大枚を叩いて楽しいエロゲライフをしてこの正月を乗り切ろうとしていたのに…残念でなりません(T_T)…
そんで暇潰しに背景の絵柄を変えてみました…俺って男ですけど、理由は単純。こういうデザインの女の子好きなんです。大して意味はありません…。

これでも俺のグーたらな正月の過ごし方が垣間見えるでしょう。

  1. 2007/01/01(月) 03:03:03|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。