スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

同性愛と少子化

さて更新が進んでいなかったのは、気が進まなかった(←何という我侭…)のと、ネタが浮ばなかったのが大きい。
表題の…「同性愛と少子化」…なんだけどさ…プロフィールにもチラッと書いたように、俺の性的嗜好のパイの大半は、女同士の同性愛への偏愛で占められている。それは「レズビアン」なわけである。略してレズ、びあん、サフィズムとか、百合とか、ガールズラブとか様々に云われるが、レズというのが最近では嫌われる傾向が出ているらしい…言い方が古めかしいからか?…まぁそれは置いておくとして、少子化と絡めて云うと、同性愛の場合は、障害の伴侶を同性としちゃった場合は…自然繁殖は出来ないわけだ。これって少子化の激しい日本にとっては、困った事態なのかなと思うわけだ。
少子化でも、倫理問題を度外視すれば人工子宮などの技術開発を進めて、人工的に子供を繁殖させてしまうのもアリかな?…とも思うわけだ。さすがにこのようなSFの冗談地味た極端な話はマスコミには登場しないけれど、ガンダモシードの世界じゃないけれど、将来的に少子化がより激化して、倫理問題などと悠長なことを言っていられなくなったら、この国家が人間の繁殖を管理するようになるのかもしれない。そうなれば同性愛どころか、子供を生む必要さえ無くなってしまう。そこにあるのは、何だろうね?…。
スポンサーサイト
  1. 2006/07/25(火) 23:02:01|
  2. エロ

ちょっとだけ感じた世代間格差…aboutエロ…

今のところオラの本業である…交通誘導警備業務…なんだな…それを営む我がHK…何の略かは知らん…警備保障(株)は、総員は100名いくかいかない位のS市では中堅どころの規模である。が株式会社を名乗っているには、会社の呈をなしていねぇとか、行き場の無い年配者が…現場じゃどうしようも無い数あわせ要員にしか使えない。だって動いてくれない、動きたくても肉体的に動けない…増えて高齢化が顕著だとかいう愚痴はさておいて…とあるおッさんとの他愛の無い話で、夏場の女性は肌の露出が多いですねぇという話になった。会話は以下のような内容だ…

「…昔の服に比べたら、胸にしろ、尻にしろ、露出が半端じゃねぇな…」
「…あー、そうなんすか?…」
「…おめぇ、あーいうの見せ付けられたら、仕舞いには俺は何をするかわからねぇぞ…」
「…それってもう犯罪者の心理じゃないですか?…」
「…あれはもうこっちを誘ってるようなもんじゃねぇか?…」
「…そりゃ確かに視線誘導のデザインですけど、夏場は肌から体温の放熱を促すために、露出面積が大きくなるわけですから…それにセックスアピールを兼ねるわけですけど…」
「…そんな屁理屈は俺でも判るけどよぉ…だってもぉー我慢できねぇんだぜ?…大きく開いた胸の谷間がゆらゆら、割れ目が覘いてるお尻がぷりぷりしてみろ…理性が何時とんじまうかわからねぇ…」
「…そうっすか?…俺はそう云うのには、眺めるだけにしてますよ。触るなんて衝動はあっても恥ずかしさの方が大きいですから…」
「…それじゃ女性の歩行者と話すこともしないのか?…」
「…単なる通り過がりの歩行者との間に何か会話が成り立ちますか?…」
「…切っ掛けは何でも良いんだよ…ただこちらの通路にどうぞというだけじゃなくて、そこに二言三言加えれば、緊張しがちな歩行者の心理も和むもんだろう?…」
「…そうは言いますが、我々としては、その対応のせいで歩行者の移動が遅れて、作業に迷惑を懸ける方が問題だと思いますけど…」
「…おめぇは豪いな…」
「…そうですか?…」
「…でもそんな意気地無しなんじゃ彼女は永遠に出来ないな…」
「…そうですかねぇ…」


と余計なお世話だと思いつつ、ここでこの話は終わったんだけど…俺も頭の中では性欲満載なのだが、それが表に出ているかと言えば、あまり出さない小出しにする方である。ゆえに第3者には、性的には淡白、もしくはむっつりスケベと思われているのだが、それに対してこのおッさんは、現場で我々のリーダーをしてくれている。仕事は年配にしては、キレがあると思う…流石に最近は前に比べたら動きも鈍ってきた感が否めない…が、ことこの手の話になると、俄然、ヒートアップするのだ。それに俺が一歩ひいてしまうことが多いのもあるが、昔の人ってのは、俺の感想から言うと、女性と会話したら速攻で合体というのが、圧倒的に多いスタイルのような気がする。彼らに比べて今の俺なんかだと、色んなメディアと手軽な風俗関連の店が発達しているせいで、お金さえ払えば手軽に性欲を解消できる。そこに無理してまで女性との会話を成り立たせるとかの、煩わしい過程は無い。本来ならそのプロセスが大事であり、楽しむのが醍醐味なのだろうが…だって俺って引きこもりなんだもん…。
確かに俺も前のイージス艦の話ではないけれど、マシンに対するフェチ地味た視線があるのと同様に、女性のボディラインに対する欲望のツボもある。んでもね、やっぱこの頃感じるのは、年上の人間に比べたら、性的には生身の女性に執着しなくなっていることなのだ。それは俺より下の世代にも感じるのである。だって合コンしてのお持ち帰りはあっても、エッチなしとか、彼女宣言しているのに、ゼロエッチという奴らが結構多い。そう思うと、確実に性欲発散の対象が、生身だけじゃなくなっているということに起因していると思う。ようは分散しているんだよね…これが少子化の一因なのではないでしょうかとも思うのですね。まったく近頃の若い奴らは、不甲斐無い!!、甲斐性が無いねぇ…俺も含めて…と嘆くのならば、ちゃっちゃと彼女を作れェ!!、ちゃんちゃん。



  1. 2006/07/16(日) 11:40:20|
  2. エロ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。